グッドトランクニュース
2019/04/18
トランクルーム活用例
ボックス収納
洋服収納
豆知識

すっきりと洋服収納がしたいなら!カラーボックスを使った収納術

洋服をきっちり収納したいと考えていても、ついつい片付けを後回しにしてしまってまったく片付かない人や、自宅のクローゼットにきれいに収まらなくて困っている人も多いのではないでしょうか。
自宅の収納場所は限られていますが、工夫次第では収納スペースを確保することができます。
そこで今回は、収納に役立つカラーボックスを活用した収納方法とそのポイントについて紹介します。

そもそもカラーボックスって何?

カラーボックスとは、原色を塗った合板を組み合わせて作られたものを指します。
一人で簡単に組み立てられることができるうえに、丈が低いもので2段や3段、高いものだと6段以上のカラーボックスがあります。
また、横幅も約20cm、約40cmなど豊富なバリエーションで取り揃えられているので用途に合わせてボックスを選ぶことができます。

購入する前は、カラーボックスの置き場所を決めてメジャーなどでしっかり計測しておくことをおすすめします。
事前に計測しておくことで、有効的に空間を活用することができるでしょう。
また、カラーボックスには扉や引き出しが付いていないものが多くあります。
収納したいものをイメージして、その用途にあったものを選ぶようにしましょう。

カラーボックスを使った洋服収納術

年々洋服の数が増えて収納に困っているという人はいませんか。
備え付けのスペースだけでは収まらず、別にラックをもう1台購入して整理整頓している人も多いかもしれません。
そこで紹介したい収納方法は、押し入れにカラーボックスを入れて洋服を収納する活用術です。

もし自宅に押し入れがあるのであれば、押し入れにカラーボックスを入れて使い勝手の良い収納スペースを手作りしてみませんか。
カラーボックスを横に設置したり、サイズ違いのものを組み合わせて作る収納スペースは、置き方次第で自由自在に空間をレイアウトすることができます。
また、その空間を自分好みに作ることができるうえに、衣類全体の整理整頓にも役立ちます。
ファイルケースやカゴを使えば、洋服だけでなくインナーや靴下などの小物類も収納することができるでしょう。

収納しきれないならトランクルームを利用!

家族がいる人の中には、モノが多すぎて収納場所に困るという人も多いのではないでしょうか。
もし収納するスペースが家の中にないのであれば、トランクルームを利用してみるのも有効な手段です。
トランクルームを部屋の一部として考えるのであれば、日常的に使用しないものを優先的に保管するといいでしょう。

もし部屋に収まらない衣類があるのであれば、トランクルームを衣装部屋として利用することもおすすめです。
さらに、カラーボックスを使用して収納スペースを確保すれば、室内をわかりやすく整理整頓することができるでしょう。
また、トランクルームは、衣類に限らず使用頻度の低い趣味で使用するアイテムやレジャー用品などの保管場所として利用することができます。
トランクルームは、使用する人の用途に合わせて趣味の部屋や倉庫代わりとして使うことができる便利な収納スペースだと言えます。

カラーボックスとトランクルームを利用しよう

洋服をしっかり整理したいのであれば、カラーボックスを利用して収納することをおすすめします。
洋服が増えるたびに収納がたっぷりある住宅に引っ越せればいいですが、時間や金銭面など考慮しても現実的に難しいと考える人が多いでしょう。
そんな時に役立つのが、今回紹介したカラーボックスの収納方法です。
カラーボックスはさまざまな種類があるうえに、ショッピングセンターなどで購入すれば価格も抑えることができます。

もし自宅でカラーボックスを使用しても収納しきれないのであれば、トランクルームの利用を考えてみるといいでしょう。
衣装部屋を持つ感覚でトランクルームを利用すれば、自分だけのプライベートな空間が実現します。
さらに、トランクルームでもカラーボックスを活用すれば、室内をすっきり整理整頓することができるでしょう。

収納にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA