グッドトランクニュース
2019/01/31
トランクルーム活用例
収納術(物別)
趣味

トランクルームに防音機能は付いている?楽器や機材を預けるのは可能?

楽器を演奏することを趣味にしている人にとって悩みの種となるのが、騒音問題です。

防音設備のあるトランクルームをレンタルで所有していれば、楽器等の置き場所に困らないだけでなく楽器演奏の練習もできます。

今回は、楽器や専用機材の保管や使用に便利な、防音設備のあるトランクルームについて、その特徴や注意点などを紹介します

一般的なトランクルームに防音設備はある?

トランクルームとは、自宅に置くことが難しい大きいもの、自分で管理するのが難しい貴重品などを保管するための設備です。

トランクルームは、取り扱っている専門業者がレンタルを行っていますが、防音設備までは備わっていないケースがほとんどです。

倉庫業者は、国土交通省が定めた「倉庫業法」という法律に従って倉庫を管理しなければなりません
業者が倉庫業を行うためには、国土交通大臣の行う登録を受けることが必要です。
正式に登録を受けた倉庫業者は、適正な運営を確保することなどを条件として、倉庫業を営むことができるのです。
国土交通省では、倉庫業者が申請を行うことにより「優良トランクルーム」の認定を与えています。
この認定を受けるためには、管理している倉庫が定温・常温・定湿・常湿に加え、防虫・防塵・防磁の性能を備えていることが条件です。
これらの条件を満たすことによって、業者の窓口やパンフレットには優良トランクルームの認定を受けた証拠であるマークを掲げることができます

しかし、優良トランクルームの認定条件にも、防音は含まれていないのです。

防音設備のある屋内型トランクルームとは?

屋内型トランクルームには、数少ないながらも防音設備があるタイプのものがあります。
防音設備が備わった屋内型トランクルームをレンタルすることのメリットは、歌を歌ったり楽器演奏の練習が存分にできることです。

仕事などで日中に時間が取れない人は、歌や演奏の練習をする時間はどうしても夜になってしまいます。

しかし、夜間に大きな音を出して練習をすると、近所の住民の迷惑となってしまい、満足に練習をすることができません。

POINT
防音設備のあるトランクルームをレンタルで所有していれば、好きな時間にトランクルーム内で大きな音を出すことが可能です。
さらに、楽器や機材などもトランクルームに保管すれば、自宅の限られたスペースを用意する必要もありません。

近所の苦情を気にすることなく練習をしたい、または、部屋が狭くて楽器などを置く空間がない人には、防音設備がある屋内型トランクルームのレンタルがおすすめといえるでしょう。

楽器や音楽機材を預けるためのトランクルームの注意点

楽器や音楽機材をトランクルームに保管する際は、いくつかの点に注意しなければいけません。

まず注意するべきことは湿気です。
楽器や音楽機材は湿気に弱いものが多いので、空調設備のない屋外型トランクルームは楽器の管理に不向きといえます。

そのため、楽器や音楽機材を管理するためには、温度・湿度を管理でき、長期的に保管しても安心できる空調設備の備わった屋内型トランクルームがおすすめです。

ただし、防音設備のないトランクルームでは、音楽スタジオのように大きな音を出すことは近隣の住民の迷惑となります。
音楽スタジオ代わりに歌や楽器演奏の練習をして大きな音を出すのは控えましょう。

預けるだけなら屋内型トランクルームで十分!

音楽に関わる仕事をしている、あるいは趣味で楽器演奏をする人にとって問題となるのは、使用楽器や音楽機材、楽譜などの管理です。

それらは自宅という限られたスペースに置いて管理をする必要がある場合もあるでしょう。
その際、所有している楽器などが多いと、部屋のスペースを取り過ぎてしまい普段の生活にも支障をきたすこともあります。

そのような悩みを解決してくれるのが、トランクルームです。
防音設備がなくても楽器や機材などを預けるだけの場合は、屋内型トランクルームでも十分です。

楽器の置き場所に困っている人は、トランクルームのレンタルを検討してみてはいかがでしょうか。

楽器や音楽機材の置き場所にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA