グッドトランクニュース
2019/01/30
トランクルーム活用例
豆知識

防犯が大事!一般的なトランクルームのセキュリティとは?

自宅に置ききれないほど大量の荷物を抱える人にとって、トランクルームは非常に頼りになる存在です。

しかし、「目が届きにくいから盗難されやすいのでは?」と利用を躊躇している人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな人のために、トランクルームを利用する際に意識したいセキュリティシステムについて解説していきます。

盗難防止のため!トランクルームのセキュリティが重要な理由

トランクルームは、契約さえすれば誰でも利用できる便利なサービスです。
温度や湿度などを徹底管理している高品質のトランクルームなどもあり、自宅の収納場所に余裕があってもあえてトランクルームを利用するという人もいるでしょう。

ただし、トランクルームの利用には注意も必要です。
多くの人が入れ替わり立ち代わり利用するため、中には最初から窃盗目的で立ち入る人もいるのです。

もちろん、トランクルームの扉などには鍵がかかるようになっていますが、窃盗の常習犯などに狙われればあっさり中に入られてしまう可能性もあります。
大切な荷物を盗まれてしまう恐れがあるため、トランクルームのセキュリティはしっかり確認しておかなければならないのです。

特に、屋外に設置してあるトランクルームは要注意です。
ほとんどのケースで管理人などはおらず、簡易的なコンテナなどが置かれているだけなので、盗難の被害に遭いやすくなってしまいます。
屋外型は利用料金が安いケースが多く、人気がありますがセキュリティがどうなっているか、契約前にしっかり確認しておきましょう。

一般的な屋内型トランクルームのセキュリティとは?

トランクルームには、大きく分けて屋外型と屋内型があります。

屋内型は、ビルなどに個別の部屋を設置して荷物を預けられるようにしてあるケースが多くなっています。
屋外型と比べて利用料金が高いですが、屋内なので保管環境や使い勝手は良くなります。
屋内型のトランクルームの場合、運営する企業の事務所や受付などが併設されており、誰かしらスタッフが常駐しているのが一般的です。
そのほか、スタッフや提携している警備会社の警備員がトランクルーム内を巡回してくれることもあります。
また、受付やトランクルーム内に監視カメラが設置されているところも多く、セキュリティシステムとしては充実している場合が多くなっています。

一般的な屋外型トランクルームのセキュリティとは?

屋外型のトランクルームは、ある程度の広さの土地に輸送用のコンテナなどを設置して荷物を保管します。
コンテナの前まで車で入れるところもあり、大型の荷物を預けたい場合などに便利です。
利用料金も安く保管スペースも比較的広いので、節約しながらトランクルームを利用したい人にはぴったりです。
このような屋外型のトランクルームの場合、スタッフが常駐しているところはほとんどありません。
人の出入りも自由でノーチェックですが、監視カメラは設置されていることが多くなっています。


また、利用者が変わるたびにトランクルームの鍵を交換しているため、合鍵で開けられる心配はありません。
警備会社と提携していて警備員が巡回するようになっていたり、何かあるとすぐに警備員が駆け付けてくれたりするところもあります。
屋外型は特に運営会社によってセキュリティが大きく異なるため、事前によく確認しておくことが大切です。

セキュリティの甘いトランクルームは避けて!

トランクルームは、ニーズの高まりとともに増加傾向にあります。
それにしたがってさまざまな運営会社が参入しており、導入しているセキュリティの内容や質もそれぞれ異なります。
中には、トランクルームのドアに鍵をつけているだけというような管理状況のところもあり、大切な荷物を盗まれてしまったというケースもあるのです。
便利であっても、大切な荷物を盗まれてしまっては料金を払って保管する意味がありません。
トランクルームを利用するときは、利用料金の安さばかり重視するのではなく、できるだけセキュリティのしっかりした会社を選ぶようにしましょう。

セキュリティ面でも安心な

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA