グッドトランクニュース
2018/11/13
洋服
洋服収納
豆知識

洋服収納をするならハンガーラックが便利!その活用法とは?

洋服をたくさん持っている人にとって、収納スペースの確保はとても重要です。
できるだけ収納スペースをスッキリさせたいと思っていても、なかなか思うように片づけられずにいる人も多いことでしょう。
そんなときには、洋服を収納する際に便利なハンガーラックを活用してみましょう。
今回は、たくさんある洋服をスッキリ収納できるハンガーラックの魅力や、合わせて使いたい便利なアイテムについて紹介していきます。

クローゼット内のデッドスペースを活用できる

クローゼットに服を収納するとなると、デッドスペースが生まれて上手くスペースを活用できないことも少なくありません。
スッキリ収納するためには空間を無駄なく使うことがポイントなので、ハンガーラックを活用して上手に収納していきましょう。
クローゼットにはじめからハンガーラックが備え付けになっていることもありますが、闇雲に洋服をかけてしまうとデッドスペースが生まれます。
そうならないためにも、まずはクローゼットのなかにハンガーラックをもう1つ設置してしまうことがポイントです。
高さが違う2つのハンガーラックがあることで、2段にして洋服を収納することができます。
ハンガーラック下のスペースも無駄なく使えて効率的です。
低いラックの左右のどちらかを開けておけば、高いラックにワンピースやコートをかけても邪魔になることはありません。

ハンガーにかけるべき洋服アイテムとは

ハンガーラックを設置すると、ついつい洋服をすべてハンガーにかけてしまいがちです。
しかし、あまりにもハンガーラックがいっぱいになってしまうと、着たい洋服を取り出すのが大変になってしまうので注意しましょう。
ハンガーにかけるべき洋服を頭に入れておけば、洋服を片付ける際はもちろん出かける前の洋服選びもスムーズになります。
ハンガーラックにかけたほうがいい洋服は、しわになりやすいシフォン素材のものや型崩れしやすいスーツ・ジャケットなどです。
また、タックが入ったパンツもシワや型崩れを防ぐためにボトムス専用のハンガーを使うなどして収納しましょう。
丈の長いワンピースやコートなども裾がつかないようにつるして収納することがポイントです。

ハンガーラックと合わせて使いたい!便利なアイテム

クローゼットにハンガーラックを設置するときに、合わせて使うと便利なアイテムがいくつかあります。
例えば、着る機会が少ない洋服や大切に着ている洋服をキレイな保管するためにスーツカバーをかけるのも良いでしょう。
ほこりがつかないだけでなく、防虫剤を不織布に織り込んだ洋服カバーなら虫に食われて洋服に穴が開くのを防げます。
また、帽子やネクタイがかけられるアイテムもあるので、使い勝手をアップしつつスッキリと収納することが可能です。
洋服やアイテムの形に合ったハンガーやアイテムを使えば、型崩れを防いでいつでもお気に入りの洋服や帽子をベストな状態で身につけることができます。
子どもでも使いやすいサイズのハンガーラックもあるので、家族で使いやすい収納を目指してみるのも良いでしょう。
使い勝手の良い収納スペースを維持するためには、洋服の量や家族の年齢など、ライフスタイルに合わせた収納アイテムを用いることがポイントです。

ハンガーラックを上手に活用して洋服を収納

洋服をたくさん収納できるハンガーラックは、洋服が多い人にとって便利なアイテムです。
洋服が多い少ないにかかわらず、ハンガーラックは取り出しやすく持っている服を把握しやすいというメリットもあります。
畳んで衣装ケースにしまう人もいますが、シワや型崩れをする心配があったり畳んでしまうという流れが手間に感じたりすることもあるでしょう。
ハンガーラックなら洗濯をして乾いたらそのまま片づけられるのでとても便利です。何かと忙しい人ほど、衣類を畳む時間を省けるハンガーラックはメリットが大きいといえます。もちろんクローゼットの外に置いて使うこともできるので、ライフスタイルや室内のコーディネートに合った使い方もできるでしょう。

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA