グッドトランクニュース
2018/10/03
収納術
収納術(物別)
洋服
洋服収納

スペースを活用して綺麗に整理!洋服の収納術をご紹介


洋服の収納スペースは、毎日必ず目にする場所であるからこそ、スッキリと整理・収納したいと考えるものです。
しかし、思うように整理ができず、ストレスを感じるという人も多いのではないでしょうか。
そこで、クローゼットなどの収納スペースを整理し、ストレスなく洋服を出し入れするためのポイントを紹介します。
また、収納スペースを活用するための方法も見ていきましょう。

洋服整理も一苦労

洋服の整理は、1年を通して苦労するものです。
例えば、秋冬の洋服はボリュームがあるため、収納場所を多く必要とします。
春夏の洋服は、ボリュームがないものの繊細な生地の洋服が多いことが特徴です。
収納方法に気を使わなければシワが寄り、すぐには着られない状態となることもあります。

スッキリ収納のための3ポイント

洋服の整理は、季節ごとに方法を変えなければならず、スッキリまとまらないことに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
そこで、簡単に実践できる洋服のスッキリ収納のためのポイントを3つ紹介します。

POINT
1つ目は、洋服の種類に関わらず、折りたたんで整理することです。

折りたたんだ状態で、収納ケースへ立てて入れると、すっきりと整理できます。
折りかたは、お店に並んでいるような状態で折りたたむことが望ましいです。
しかし、洋服を上手に折れなくても、悩む必要はありません。
重要なポイントは、すべて同じ折りかたをするということです。
同じ折りかたをすることで、より多くの洋服を収納できます。
同じ折りかたというポイントを押さえながら、シワが寄らない方法を工夫してみましょう。
また、たたんだうえで同系色でまとめれば、コーディネートもしやすくなります。

POINT
2つ目は、ハンガーでつるすという方法です。

丈が長く、折るとボリュームが出てしまう洋服やシワが寄りやすい生地の洋服などは、ハンガーでつるして収納します。
スッキリ収納を目指すためのポイントは、丈をそろえてつるすことです。
見た目がスッキリするという効果だけではなく、つるしてある下の部分にも空間ができ、洋服や物を収納できます。

POINT
3つ目は、洋服を収納するために、最適な収納アイテムを選ぶということです。

洋服を折りたたんで収納する場合には、仕切り板のついた収納ボックスが最適でしょう。
トップスやボトムスを収納するボックスと、下着などを収納するボックスの大きさは分けることもポイントです。
収納ボックスの上には、ふたのないカゴなどを使用して、ハンガーや型崩れしやすいバッグなどを置いておくと、スッキリとまとまります。
収納アイテムは、すべての色をそろえる、もしくは同じメーカーの収納アイテムシリーズでそろえると、よりスッキリまとまった仕上がりになるでしょう。

トランクルームも安くて便利

スッキリ収納方法を実践してみても、自宅の収納スペースは限られおり、洋服を整理・収納することが困難な場合もあるでしょう。
自宅での洋服の整理・収納に困っている場合には、トランクルームを利用するという方法もあります。
トランクルームを収納スペースとして利用することには、整理や収納以外にもメリットがあるのです。
季節ごとに洋服を分け、数カ月間着用しない洋服をトランクルームに保管しておくと、収納スペースに余裕が生まれます。

整理・収納しやすくなるという点もメリットですが、通気性がよくなるため、カビや害虫の発生を予防する効果が期待できます。
衛生面でもメリットがあるといえるでしょう。
トランクルームの利用料金はルーム(ボックス)の大きさごとに異なりますが、月額4000円程度から利用可能です。
使用しない洋服はトランクルームに保管すると、整理もしやすくなるのではないでしょうか。

スペースをいかした洋服収納を

洋服の整理は、少しの工夫でスッキリと収納できます。
しかし、自宅の収納スペースに限りがあり、収納できない、整理することが手間であると感じる場合には、トランクルームの利用が有効です。
また、トランクルームにはさまざまな広さがあります。自分が収納したい洋服の量に応じて選べるため、活用しやすいでしょう。

収納にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA