グッドトランクニュース
2021/04/28
断捨離
豆知識

断捨離で部屋も心も生まれ変わる!?断捨離の効果・やり方を徹底解説!

部屋の掃除をするときは、身の回りの物を見直す絶好の機会です。一つひとつの物と向き合った結果、本当に必要な物だけを残すことも不可能ではありません。そのために断捨離をするのも良いでしょう。断捨離は掃除などで使われるワードですが、どのような内容かご存知でしょうか。この記事では、断捨離の効果ややり方も含めて紹介します。

1.断捨離とは

まずは「断捨離」の意味を整理しておきましょう。断捨離には「断=不要な物を断つ」「捨=不要な物を捨てる」「離=物への執着から離れる」、これらの3つを意識した考え方があります。元々は「断行」「捨行」「離行」というヨガの考え方を基にしたものです。また、一般財団法人「断捨離」代表の「やましたひでこ」さんが提唱した片付け論としても有名です。

2.驚くべき断捨離の効果

断捨離には、不要な物を持たない一方、自分が求める物にはこだわるといった思想や生活スタイルに特徴があります。断捨離を行う際には、これらを踏まえることでいろいろな効果が期待されます。

まず、注目されるのはお金が貯まりやすくなることです。自分にとって必要な物がわかるので、無駄なお金を使わなくなります。また、不要な物は処分するだけでなく、リサイクルショップなどで買い取ってもらうのも一案です。その結果、思わぬ収入を得られる場合もあります。

多くの物に囲まれて雑然とした住まいでは、必要な物を探すのに難航することが少なくありません。しかし、断捨離を行うことで、すっきりとした住空間の実現にもつながります。また、必然的に物が少なくなるため、探し物などに費やす時間も削減できます。その結果、時間的に余裕を持った生活ができるのです。

また、身の回りの物が減ることで、余分なストレスを溜め込まなくても済みます。探し物で余分な時間を使わなくても良いので、ストレスフリーでリラックスした生活ができるようになります。部屋が片付くと精神的に余裕が生まれるため、対人関係や睡眠状況が良好になることも断捨離の効果と言えるでしょう。

先述したように、断捨離には自分が必要な物はいくらでも持つという考え方があります。そのため、自分の生活空間には、こだわりの品が集まっていると言えるでしょう。厳選した物に囲まれた生活をする際は、自分らしい選択ができるようになるはずです。

3.断捨離を成功させるためのやり方

断捨離に興味を持ちながらも、なかなか実行に移せない人もいるかもしれません。断捨離を成功させるには、やり方のコツを知っておきましょう。

断捨離を思い立ったときは、先延ばしにしないことが大切です。物の整理に疲れてしまうと投げ出したくなることも少なくありません。そうならないためには、断捨離ときちんと向き合いましょう。1回でどこまでやるか、何日で片づけを終わらせるか、初めにしっかりと予定を組むことが大事です。もちろん、どのようなやり方が向いているのかは個々によって異なります。断捨離は、あくまでも自分のペースで行うことが重要です。

断捨離をするとき「もったいない精神」が邪魔をすることがあるかもしれません。また、いつか使うことを考えて捨てられない人もいるでしょう。特に、捨てた直後に必要になった経験があると、思い切った決断の障壁にもなります。人間誰しも一寸先のことはわかりません。もし、捨てた後に必要になったときは、もう一度買えばいいと楽観的な気持ちをもつことも大切です。

もちろん、なんでもかんでも捨ててよいわけではありません。捨てるかどうか迷ったときは、保留期間を設けたうえで、その期間中に捨てるかどうか判断を行いましょう。また、思い出の品など、お金で買えない物は置いておくことも大切です。その際、写真やデジタルデータにすると、すっきりとした形で残すことが可能です。なお、物を捨てるとき、もったいない気持ちのほか、申し訳なさを感じることが少なくありません。そのため、物を手放すときは、感謝の気持ちが大切です。

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA