グッドトランクニュース
2021/03/30
デスク収納
トランクルーム
ミニマリスト
ミニマリストの持ち物
収納
家具

ミニマリストはどのような勉強机を使っている?よく使われる机を紹介!


快適な生活を送るためには、使い勝手のよい環境を整えることが大切です。生活空間には、自分の生き方が反映されることが少なくないからです。そのようななか「ミニマリスト」が注目されています。ミニマリストは仕事や勉強に使う机に、どのようなものを選んでいるのでしょうか。この記事では、ミニマリストが使っている勉強机について紹介していきます。

1.ミニマリストとは?

ミニマリスト生活を始める際には、こちらの意味を理解しておくことが大切です。ミニマリストとは「必要最低限のモノだけで生活する人」のことをいいます。そのため、自分の生活に必要のないモノを捨てることが少なくないのです。モノを減らすことで、日常の掃除が楽になる、無駄な買い物をしなくなるなど、さまざまなメリットがでてきます。スッキリ片付いた部屋で過ごせるので、精神的に余裕が生まれることでも注目されています。

ただし、必要最低限のモノは人によっても異なります。生活必需品を最小限に抑える一方、趣味の収集にはこだわる人もいるからです。その結果、お金の使い方に偏りが出るケースもあり得ます。このような理由から、ミニマリストには明確な定義がないことを知っておきましょう。

2.ミニマリストはどのような勉強机を使っている?

ミニマリストは必要最低限のモノで生活することから、暮らし自体がシンプルなイメージです。勉強机選びも例外ではありません。ここでは、ミニマリストが使っている勉強机に焦点を当てていきます。

2-1.スペースが広い

まず、注目されるのはスペースの広さです。勉強机のスペースが広いと、勉強のときに資料とノートを並べて置くことができます。また、パソコン入力時も同様で、パソコンの横に資料置き場の確保が可能です。部屋のスペースなどの関係で、コンパクトタイプの勉強机を選ぶ人もいるでしょう。しかし、資料を置くために机の追加が必要になることもでてきます。その結果、お金の無駄遣いにもなりかねません。勉強机選びに際しては、このような場面を想定したうえで、スペースが広いタイプを選んでおくと安心です。

勉強机の購入する際には、デザインのシンプルさにもこだわりましょう。シンプルな机はスペースを広く使えることが多いことが大きな特徴です。そのため、資料置き場の悩み解消に役立つだけでなく、勉強に集中することが十分可能です。もちろん、デザインに凝ったタイプから選ぶ方法もあります。ただし、こちらの勉強机は変わった形が多いため、使い勝手に悩むことも出てくるでしょう。

2-2.シンプルで飽きがこない

ミニマリストのなかには、モノを最小限に減らすだけでなく、お気に入りのモノを長く愛用する人が少なくありません。また、一つのモノをいろいろな用途で使うケースもよくあります。このような理由から、家財道具を購入する際にはシンプルなモノを選んだほうが無難でしょう。もちろん、勉強机選びも同じです。シンプルなデザインの勉強机を選べば、趣味の作業台や食事用テーブルなどとして活用範囲が広がります。また、さまざまなデザインの家事道具と組み合わせることも可能です。

ストレスなく生活するには、効率のよい生活空間をつくる必要があります。そのためにも、シンプルなデザインの勉強机を選ぶとよいでしょう。部屋のインテリアなどの好みは、時間の経過とともに変化することが少なくありません。そのときの好みに合わせて部屋の模様替えをする場合、シンプルな机だと理想の部屋づくりに貢献するでしょう。机を買い換えなくても済むので、無駄な出費を減らせることもメリットの一つです。なによりも、シンプルな机は飽きることなく合わせやすいことが大きな特徴です。

2-3.折り畳みができる

勉強机選びに際しては、折り畳みができるタイプを視野に入れましょう。折り畳み式の机を購入するメリットは、必要なときだけ広げられることです。使わないときは畳んでコンパクトにできるので、ワンルームで暮らす人などは検討するとよいでしょう。折り畳み式の机は軽くて扱いやすいものを選ぶことが大事なポイントです。また、インテリア性の高さを意識することも大切です。そのうえで、机のイメージにもこだわりましょう。無機質なイメージを払拭するためには、温かみが感じられる木製の机を選択肢に入れるとよいでしょう。

スッキリした集中しやすい机を!


ミニマリストの生活はシンプルなことが少なくありません。そのため、ここで紹介したようなシンプルで使い勝手のよい勉強机を選ぶ人が多いのです。勉強机の購入に際しては、「勉強」という本来の目的を果たせるモノを選ぶことが大切です。部屋のインテリアに合うことはもちろんですが、仕事や勉強に適したタイプを選ぶ必要があります。そのためにも、スッキリした形で作業に集中しやすい机選びましょう。

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA