グッドトランクニュース
2018/09/19
豆知識

物が多すぎる部屋の整理整頓方法とは?


季節が変わって衣替えをするとき、あるいは、年末の大掃除をするときに、部屋に物が多すぎてやりたい作業がはかどらないという経験をしたことがありませんか。
そして、多すぎる物をよく見てみると、そのほとんどが使わない物や不要な物であることに気づきます。
自分にとって必要ではない物を抱え込んで生活する必要はありません。

POINT
物が多すぎる部屋を整理整頓する方法について紹介していきます。

必要な物と不要な物を選別してみよう!


部屋の整理整頓は、まず、必要な物と不要な物を選別することから始めます。
部屋の整理整頓が下手だったり、最後まで片付けられずに挫折してしまったりする人は、最初にこの作業をしないことに原因があるようです。
物の要不要を選別しながら捨てる作業までいっしょにやってしまい、時間がかかって疲れて整理を止めてしまいます。
燃える物と燃えない物を分けたり、物によっては資源ごみとして出し方が決められていたりして、そうした作業をするだけでも大変でしょう。
まずは、要る物と要らない物とに分けることです。
不要な物を見分けるのが苦手という人は、簡単な物から始めると作業が進みます。
たとえば、冷蔵庫の中にある賞味期限切れの食べ物などが簡単です。
もう食べられないのですから、日付を確認して迷わずに捨てられるでしょう。
サイズが小さくなって着られない服や履けない靴、故障して使えない電化製品なども、もう使えない物ですから置いておく必要がありません。
判断に迷うのは、まだ使えるけれど使う機会が無い物ではないでしょうか。
その場合は、自分なりに基準を決めて捨てるようにします。
たとえば、この1年間に1度も着ていない服や使っていない食器といったように。

MEMO
まだ使える物を捨ててしまうのに抵抗がある人もいるかもしれません。
そういう場合は誰かに譲ったり、オークションに出したりして処分すれば無駄にならないので、気分的にも楽になります。

必要な物は場所を決めて収納!物を増やさないようにしよう!


部屋の中の物を選別した結果、必要な物として残った物ですが、これらを今までと同じように雑然としまわないようにしましょう。
また同じように、いつの間にか物が多すぎる部屋に逆戻りしてしまいます。
不要な物が増えていく原因の1つに、どこにしまったか分からないから新しいのを買ってしまうということもあるのではないでしょうか。
たとえば、カッターやドライバーなどの工具類を使おうと思ったときに、部屋の中を探したけど出てこなかったとします。
高い物でもないし、コンビニにも売ってるからということですぐに買ってしまい、後日、部屋の中から以前買っておいた物が出てきます。
こうして、1つ不要な物が増えてしまうのです。
工具類と同じように洗顔用具や化粧品、台所用品などは、1つ1つは大した大きさではなく値段も安い物かもしれません。
しかし、積み重なって少しずつ増えていけば、やがて部屋のスペースを圧迫することになります。
工具類は本棚の上の箱に、台所用品はシンク下の棚にといったように、

MEMO
使いたい物が必要になったときにすぐ見つかるように収納しておきましょう。
そして、使ったあとは必ず元の場所に戻す習慣をつけることが大切です。
ちょっとした工夫で不要な物を増やさないようにできるのです。

収納場所に収まり切れない場合は?

自分としては必要最小限な物だけを残すように選別したけど、部屋の中に収納する場所が足りないという場合があるかもしれません。
そういう場合は少し工夫をして収納場所を作るという方法があります。
収納ができるベンチボックスやソファーを利用すると、座る場所と収納を兼ねることができるので便利です。
クローゼットに収まりきらない衣類で衣替えするまで着ない物などを収納すると良いでしょう。
帽子など型くずれさせたくない物は、壁の高い位置にワイヤーネットを取り付けます。
それに取り付けたフックに引っ掛ければ、帽子も型くずれすることなく収納でき、すぐ被れるので便利です。

MEMO
部屋のちょっとした空きスペースを工夫して収納しても物が収まりきらない場合は、トランクルームを利用するという方法があります。

たとえば、スポーツが趣味でいろいろな道具を持っている人は、必要な物だけど、そのスポーツのシーズンが来るまでは部屋に置いておくだけでスペースが無駄になるでしょう。
そういう問題もトランクルームなら解決してくれます。
レンタルスペースは、屋内型トランクルームや貸し倉庫型トランクルームなどがあり、自分が必要な広さだけ借りて料金を払えば良いので合理的です。
引越しのときに一時的に物を収納することもでき、セキュリティーも万全なので安心して使えます。

多すぎる物を選別して部屋を整理整頓しよう!

年に1度、年末に大掃除をすると、この1年間だけでもたくさんの不要な物を買ってしまっていることに気づくことがあります。
無駄に物を持ちすぎないようにするために、たとえば衣替えのタイミングなど、定期的に部屋の整理整頓をすることが重要です。
無駄に多すぎる物を無くせば、必要な物を探す時間を節約できます。
また、すでに買ってあるのに重ねて買うという浪費をしなくて済むようになるでしょう。
何より、すっきりと片付いた部屋は見ているだけでストレスが軽くなるのではないでしょうか。
自分の時間と節約のためにも、常に整理整頓する心掛けが大切です。

収納にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA