グッドトランクニュース
2020/05/19
本棚

今すぐできる!おしゃれで簡単な雑誌収納のポイント

部屋が片付かないのは、ついたまってしまう雑誌の置き場所に問題があるかもしれません。定位置に雑誌を収納することで、部屋がすっきり見えたり、読みたい雑誌をすぐに見つけることができたりするようになります。この記事では、今日からでも実現可能な簡単な収納方法、そして簡単にできるだけでなく、おしゃれに見える収納についても紹介します。

1.本棚を使った雑誌の収納方法

“たまった雑誌を整理するには、今ある本棚でも解決できます。たとえば、縦に雑誌を収納するのではなく横に寝かせてみましょう。こうすることで収納できる量が増えますし、雑誌が曲がらないのでおすすめです。見た目もすっきり、背表紙がきれいな雑誌を積み上げれば、それだけでおしゃれにみせることができます。

しかし、雑誌の取り出しやすさや慣れから「やはり縦に収納したい」と考える人もいます。その場合には、100均などでカラフルな自分好みのファイルケースを探してみましょう。色だけでなく、さまざまなサイズがあるので横幅が広い本棚にも合うファイルケースが見つかるはずです。また、雑誌に出てくるような「おしゃれな部屋」を目指すのならワイヤーバスケットがおすすめです。紙のボックスより丈夫で変形しにくいため、雑誌を収納するときに曲がるのを防いでくれます。さらに、隙間から雑誌がよく見えるので、表紙のデザインがお気に入りの雑誌を入れるのにも適しています。”

POINT

2.タイプ別!おススメの本棚を紹介!

“本棚にはさまざまなタイプの形があります。たとえば「部屋が狭くて収納スペースがない」というときは「壁面ラック」を使用する方法を検討してみましょう。デッドスペースを見つけたら、その壁面に薄型のマガジンラックを取り付けます。「ディスプレイラック」はお気に入りの雑誌の表紙をインテリアの一部にしたい人におすすめです。雑誌表紙をディスプレイしながら、すっきりとしていながらも見せる収納になります。「雑誌をほかの部屋に移動したい」「掃除をするときに邪魔になる」などのニーズを満たすのは、キャスターが付いているマガジンラックです。たとえば、背が低いマガジンラックなら雑誌の重さを気にすることなく楽に移動できるでしょう。

雑誌の収納力にこだわりたいなら「スライド式本棚」が便利です。たとえば、量が多くサイズがばらばらな雑誌をきれいに収納したい人におすすめです。スライド式のメリットは雑誌が取り出しやすいだけでなく、奥行きがそれほどなくても収納可能であることです。そのため、収納場所が限られているときや、すっきり見せたいときにおすすめと言えます。また、中身が見えないこともメリットです。そのほかには、探したい雑誌を簡単に見つけることができる「回転式本棚」などがあります。こちらも大量に雑誌を収納することができるでしょう。”

3.本棚以外でできる雑誌の収納方法

テレビボードは背が低くて奥行がありますが、収納にはあまり適していません。しかし、雑誌を収納しておくには便利な場所です。また、大きなクリアケースに服を収納している人は、こちらも雑誌の収納に使えば本棚代わりにもなります。帆布バッグも本棚として使えます。なぜなら、丈夫な布を使っているため、雑誌をたくさん収納しても破れないからです。また、持ち運びするときも便利です。「壁を雑誌で飾ってインテリアのようにしてみたい」と考えているときは、仕切り用に利用するパーティションを使う方法もあります。マガジンラックやフックを使って見せる収納を目指しましょう。

4.おしゃれに収納するポイント3選!

雑誌は曲がりやすく収納が難しいですが、おしゃれに、きれいに収納するポイントがあります。雑誌には主に5種類のサイズがあり、幅や高さもさまざまです。A5、B5、AB、A4からB4などがあるので、収納を考えるときにはサイズをしっかり測りましょう。次に、大きくて薄い雑誌の収納は立てておくと時間とともに曲がってくるので注意が必要です。ブックエンドやファイルスタンドを使うと曲がりを防ぐことができます。最後にハンガーにかけて収納という方法があります。おしゃれな表紙の雑誌は部屋のインテリアにもなるでしょう。

5.トランクルームをいかす賢い収納

そのほかの収納方法として、トランクルームを利用することで部屋が広くなります。保管しておきたい雑誌がたくさんあるものの、部屋をすっきりと見せたいなら検討するのもおすすめです。

収納にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA