グッドトランクニュース
2020/01/15
テレビ収納

使っていないテレビをトランクルームに預けることはできるの?

トランクルームとは荷物を預けるためのサービスで、テレビなどの家電製品を預けることも可能です。家のスペースを確保する、盗難防止など、トランクルームを利用するとよいことがたくさんあるでしょう。ただし、家電をトランクルームに預ける際には、環境や保管方法に気を配る必要があります。本記事ではトランクルームに家電を預けるメリット、および注意点について説明していきます。

1.テレビをトランクルームに預けるメリット

この段落では、トランクルームにテレビを預ける際のメリットについて説明します。

1-1.家のスペースを確保できる

トランクルームのメリットは収納スペースを広げられる点です。新しいテレビを購入したものの、前のテレビも置いておきたい場合にトランクルームは役に立つでしょう。前のテレビを今後使う予定がないとしても、まだまだ使えるとしたら、置いておきたくなるのが人情です。しかし、テレビは大型のものになると、相当に場所を取ります。トランクルームがなければ、置き場所に困るケースが多くなるでしょう。

1-2.セキュリティ面で安全

テレビは冷蔵庫などに比べると、サイズが小さく運びやすいです。そのため、家電のなかでも比較的盗難されやすい部類に入るといえるでしょう。また、B-CASカードを盗難される可能性もあります。B-CASカードを改造し、不正使用される手口もあるので、注意が必要です。出張や留学など長い期間自宅にいなくなるようなときは、テレビはトランクルームに預けるのが安心でしょう。屋内型のトランクルームであれば、ビルのフロアを利用していますので管理はきちんとしており、セキュリティ面で頼りにできます。

1-3.家電の保管に適している

屋内型のトランクルームであれば、空調設備が整っています。トランクルームによって違いはありますが、しっかりしたところを選べば、清掃も入念にされているはずです。トランクルームはテレビなどの家電を保管する際、自宅よりもよい環境が用意されていることを知っておいてください。

2.テレビをトランクルームに預けるなら屋内型!

テレビは高温や多湿に弱いため、そのような環境で保管するのは厳禁です。預けるスペースとしては屋外のコンテナ型でもかまわないのですが、環境面を考慮すると屋内型に預けるべきでしょう。屋内のトランクルームのほうが空調設備で大きなアドバンテージがありますし、チリや埃が少ない点もテレビに適しています。ただし、屋内トランクルームのほうが屋外よりも数が少なく、若干料金が高いことは理解しておいたほうがよいでしょう。また、屋内だからといって必ずしも空調設備が整っているとは限りません。空調設備がないところもときおりありますので、設備は事前によく確認しておきましょう。

POINT

3.テレビをトランクルームに預けるときの注意点

テレビをトランクルームに預ける際に注意したい点について、ここでは解説します。

3-1.汚れや埃を掃除し通気口を塞ぐ

テレビには熱を開放するための通気口が設計上ついています。この通気口から埃が入りやすいことを覚えておいてください。トランクルームに預ける場合には通気口をビニールで塞ぐなど、埃対策が必要です。また、有機物が付着するとカビになるリスクもありますので、テレビを預ける前には除菌ペーパーでしっかりと拭き掃除をしておきましょう。

3-2.湿気に気をつける

家電をトランクルームに預ける場合に最も注意すべきポイントのひとつとして、湿気があります。菌は少しでも水分があれば、どんどん繁殖する性質を持っているのです。なにも対策をしなければ、数カ月もするとカビだらけになるかもしれません。テレビを拭き掃除したあとは、十分に乾燥させてください。また、預けるときにも除湿剤はセットしておきたいところです。

収納にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA