グッドトランクニュース
2020/01/15
ソファー収納

ソファの置き場所に困ったらトランクルームに預けるのがおすすめ!

理由はいろいろ考えられますが、一時的にソファを部屋に置いておけない、どこかに預けたい、という場面はあるのではないでしょうか。そのようなときは、トランクルームのサービスを利用してみるのもひとつの方法です。とはいえ、トランクルームを選ぶときには、さまざまな注意点があります。この記事では、トランクルームにソファを預けたい人のために、トランクルームの選び方や注意点などについて解説します。

1.トランクルームとは?

トランクルームといえば、郊外に設置されているコンテナなどを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。簡単に説明すると、トランクルームとは収納スペースをレンタルできるサービスのことです。コンテナなどの形式で外に設置されている屋外型の他に、ビルのフロアーをまるで部屋のようにパーティションで仕切っている屋内型もあります。トランクルームには生ものや生き物、危険物などは預けることはできません。しかし、それ以外は何を保管するのも自由です。もちろん、ソファを預けることもできます。次の段落以降では、ソファを預ける際のトランクルームの選び方や注意点について解説しましょう。

2.ソファを預けるならどのトランクルーム?

トランクルームには「屋内型」と「屋外型」の2種類がありますが、ソファを預けるなら屋内型を選んだほうがよいでしょう。というのも、ソファは木や布で作られていることが多いので、カビが天敵だからです。屋外型のトランクルームは雨や風を防ぐことはできますが、湿気や乾燥など外気の影響を受けてしまいます。そのため、カビに弱い家具などの収納には向いていません。しかし、屋内型のトランクルームは空調で管理されていることが多いのです。湿度の管理がされているので、湿気や乾燥に弱い品物を預けるのに最適といえます。

POINT

3.トランクルームにソファを預けるメリット

“トランクルームは契約期間やサイズ、立地条件などによって料金が変わるのが一般的です。例えば契約期間も、1日単位から1カ月単位、さらに数カ月単位と、必要に応じて柔軟な契約をすることができます。そのため、工夫次第ではかなり安く利用することが可能です。また、契約期間中は荷物を自由に引き出すことができるのもメリットでしょう。ソファ以外の荷物もとりあえず保管しておいて、必要になったら取りに行くといった使い方もできます。

長期間の海外出張で賃貸住宅の契約は一旦解約するけれど、思い入れのあるソファは捨てずに取っておきたい場合などに、トランクルームを利用すると便利です。他にも、家をリフォームする間だけソファを預けておいたり、引っ越しの日程調整に一時的に保管しておいたりなど、さまざまな利用方法が考えられます。

4.ソファを預けるのに必要なサイズと料金目安

ソファを預けるなら、トランクルームのサイズは重要です。とはいえ、どのサイズのトランクルームを選べばよいのかは、ソファの大きさや形状などの特徴によって変わってくるので注意しなければいけません。例えば、3人掛け以上のソファを横に置く場合は、2~3畳のサイズは必要だと思ったほうがよいでしょう。しかし、同じ大きさのソファでも縦に置いたり分解したりすることができれば、より小さいスペースで済むことがあります。実際にトランクルームを契約する前には、しっかりと下調べをしたほうがよいでしょう。できれば見学に行くことをおすすめします。屋内型のトランクルームで3人掛け以上のソファが置けるサイズを契約すると、数万円かかることが一般的です。

5.ソファをトランクルームに預けるときの注意点

ソファをトランクルームに預けるときには、運搬方法についても考えておかなくてはいけません。自分で運ぶ場合は、当然車が必要になるでしょう。しかし、ソファを預けたい屋内型のトランクルームは、車で運びやすい郊外には少ないという問題もあります。そのため、運搬サービスがオプションで用意されているトランクルームも視野に入れて、検討したほうがよい場合もあります。

収納にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA