グッドトランクニュース
2018/09/19
トランクルーム活用例
リフォーム 収納
趣味

気分スッキリ!部屋の模様替えのコツとメリットとは?


なぜか部屋の居心地が悪く感じられてイライラしている人はいませんか。
その原因としては、物が散らかっていて部屋が落ち着かなかったり家具が移動の邪魔になったりしているケースが多いようです。
そんなときは、思い切って部屋の模様替えをすると部屋も気分もスッキリします。
けれども、思いつきで模様替えを始めてはいけません。
気分に任せて模様替えをすると、単に家具を動かしただけで少しも片付かなかったという残念な結果になることもあるからです。

POINT
この記事では、どうすれば効果的な部屋の模様替えができるか、ご紹介します。

大掃除にもなる!模様替えのメリットはいろいろ!


部屋の模様替えにはいくつかのメリットがあります。
1つ目は、「部屋の汚れをきれいに掃除できる」こと。
模様替えをして家具などを動かすと、普段の掃除では手が届かない家具や家電製品の後ろやカーペットの下などのホコリや汚れを取り除くことができます。
ホコリの中にはダニがたくさんいてアレルギーの原因になることもありますから、模様替えと同時に大掃除をして清潔な部屋にすることは健康のためにも良いことです。
2つ目は、「気持ちがリフレッシュできる」こと。
家具の配置を変えたり本棚やクローゼットをきちんと整理整頓したりすると、気分転換できます。
暮らしていくうちに乱雑になった品物を整えると、さわやかな気持ちになります。
3つ目は、「動きやすくなる」こと。
一度、自分が朝起きてから夜寝るまでにどのように動いているか、つまり、自分の「動線」を意識してみましょう。
動線をできるだけ短くするように家具を並べ直すと、動きやすくストレスの少ない部屋が作れます。
4つ目に、「不必要な物を選別できる」こと。
要らない物があれば、思い切って処分しましょう。
模様替えのタイミングで押し入れの中やクローゼットの中の物を出して、「必要」か「不必要」か、選別していきます。
どちらか迷う物は、とりあえず「保留」にしておきましょう。

部屋のスペースを有効活用するコツとは?

模様替えの効果を最大限に引き出すためには、部屋のスペースを生かして広く見せる工夫が必要です。
そのためには、「カラーコーディネート」「家具のラインを統一」「スッキリした部分を作る」という3点が重要になります。

まず、家具やカーテン、ベッドカバーなどの部屋の大きな部分の色を、できるだけ同系色にするようにしましょう。
ベージュやブラウンなどのアースカラーは、人間が落ち着きやすい色だといわれます。
もしも、それだけではさみしいと感じるなら、赤や青などのポップな色を絵やクッションなどで配置するとアクセントが作れます。
次に、家具の高さと奥行きをできるだけ揃えましょう。
「家具が作るデコボコを少なくする」と思ってください。
家具のラインが整うと見た目がスッキリして部屋が広く見えます。
そのとき、家具の高さはできるだけ低めにすると圧迫感が少なくてすみます。
最後に、出窓やチェストの上など、どこか部屋の一部分だけは物を置かないようにしましょう。
意識して何も置かないコーナーを作ると、ほかの部分も不思議とスッキリと見え、部屋全体の印象ががらりと変わります。
しかし、上に挙げたことを、思いつくままに実行すると、途中で「あら、こんなはずではなかった」ということになりがちです。
事前に、メジャーで家具や部屋の大きさを測って、紙に大まかに家具の配置を描いてプランを練っておくと迷いが少なく効率的に模様替えできます。

捨てられない物や季節品の収納は?


限られた広さの部屋をきれいに保つために、多くの人は2つの手段を取っています。
1つ目は、「物を捨てること」です。
不必要な品を思い切って手放せば、部屋がスッキリとなるのは当然です。
けれども、どうしても捨てられない物もあるでしょう。
快適に生活するために必要な物は意外に多いのですから。
また、思い出の詰まった品物は捨てたくないと考える人もいます。
ですから、捨てることにもおのずから限度があります。
2つ目は、「デッドスペースの有効活用」です。
たとえば、クローゼットの奥のスペースにカラーボックスを置いて季節外の衣類を収納する、トイレの上部に突っ張り棒を利用して棚を作るというように、工夫して物を詰め込んで収納しようする人はたくさんいます。
ただ、この方法だとどうしてもごちゃごちゃした感じがつきまとうのが難点です。
実は、3つ目の方法があります。
それは「トランクルームの利用」
です。
荷物を収納するための専門のスペースを借りて、そこに大切な思い出の品や、着ていない衣類、ひな人形などの季節品を預けておくことが可能です。

部屋の模様替えをして部屋も気分もスッキリしよう!

なんとなく憂鬱な気分が続くときや、落ち着かない気分のときには、部屋を模様替えするとリフレッシュできることがあります。
まず、紙に家具の配置を描いて計画を立てて実行しましょう。

家具を動かし、部屋の隅々まで掃除をすると清潔な居住空間になります。
不要品は捨てましょう。
捨てられない物はトランクルームを利用して収納しておくこともできます。
部屋の模様替えで、部屋も気分もサッパリと清々しく過ごしてください。

収納にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA