グッドトランクニュース
2019/12/12
耐用年数

トランクルームの耐用年数は?優良な運営会社を見分けるポイントも知ろう!

季節の器具や洋服など、普段は使わないけれど時期になったら出したいものや、整理しきれないものなどの収納にトランクルームを利用する人が増えています。その一方で、トランクルームを安心して利用するために、耐用年数を気にする人もいます。特に長期利用のときに耐用年数が気になることもあるようです。この記事では、トランクルームの耐用年数はどれくらいなのかについて説明します。

1.トランクルームの耐用年数とは

トランクルームには、さまざまな形態があります。街中でよく見かけるのが、屋外型のコンテナタイプのトランクルームです。屋内型には、マンションなどの一室を間仕切りしてトランクルームにしているタイプや倉庫業法に定められた認定トランクルームがあります。これらの形態によって、耐用年数も異なります。トランクルームの中でもコンテナタイプの耐用年数は7年です。間仕切りタイプの場合は15年になります。この耐用年数は、実際にその施設が安心して使うことができる年数ではなく、経営者が減価償却を行う場合に利用する税制上の耐用年数になります。

トランクルームを安心して利用できる年数はどれくらいでしょうか。コンテナタイプなど屋外にあるために外装などは、定期的なメンテナンスが必要ですが、一般的には内装と外装を除けば約30年利用できると言われています。大切なものを預かるからこそトランクルームは長期で利用できるように作られているのです。”

2.安心して利用したい!優良な運営会社を見分けるポイント

安心して利用できるトランクルームは、耐用年数ではなく、どのような運営会社が運営をおこなっているかをチェックすることで分かります。優良な運営会社が運営しているかどうかに注目してみましょう。

2-1.運営実績が豊富でノウハウがある

どのようにして優良な運営会社かを見分ければいいのでしょうか。見分けるポイントとして、運営実績が豊富でノウハウがあるという点がポイントになります。トランクルームに限らず、不動産運営を行うにはさまざまなノウハウが必要になります。トランクルーム事業も多分に漏れず、運営のノウハウや知識がいりますが、長年トランクルームを運営している実績のある会社であれば、それだけ運営のノウハウや知識が蓄積されていると判断できます。蓄積したノウハウを活かして、利用者が満足できる運営を行っている可能性が高いからです。運営会社の過去の実績や保有している現場数などは、インターネットなどで、検索して情報を収集することができます。

2-2.空き室が少なくよく利用されている

トランクルームの利用者は、その利用に関して満足していればそのまま継続して利用します。そのため優良な運営会社を見分けるポイントとして、空き室が少なくよく利用されているかということがあります。利用者の満足度は、トランクルームの施設の良し悪しはもちろんですが、使い勝手の良さや運営会社の管理体制によって大きく変わり、それがそのまま実際の稼働率に現れます。

2-3.契約時に利用に関する約款を定めている

優良な運営会社を見分けるポイントとして、契約時に利用に関する約款を定めているかどうかという点があげられます。アパートやマンションの賃貸に比べ、気軽に賃貸契約ができ、価格も高くないことから、契約時に手間がかからないように最低限の契約のみで省略する運営会社もありますが、その場合後にトラブルが発生したりしたときに対応が難しくなります。利用に関する約款を定めている運営会社は、利用者との間でトラブルが起きないように努めていますので、トラブル自体が少なく、発生したとしても約款にそって迅速な対応をしてくれます。きちんと契約書を作成して契約内容を明らかにしているところは、それだけ信頼できる運営会社と判断することができます。

トランクルームは長期利用が可能!安心して利用しよう

頑丈なトランクルームは利用できる期間が長く、安心して利用することができます。優良な運営会社かどうかをチェックしておけばさらに安心感が増します。利便性や利用方法を考えて家やオフィスにあるすぐに使わないものを、レンタルルームに移動してみましょう。まずは、レンタルルームの申し込みをして、新しい空間を手にいれてみるのもよいのではないでしょうか。

収納にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA