グッドトランクニュース
2019/11/19
引っ越し

引っ越しの見積もり後に荷物が増えたらどうすれば良いの?

引っ越しの前には、必ず見積もりを出してもらいます。たとえ、どんなに慎重におこなった場合でも、見積もり後に荷物が増えてしまう事態を100%避けることは難しく、意外と多く発生しているようです。では、こうしたケースが起こった場合、いったい何をすればいいのでしょうか。そこでこの記事では、見積もり後に引っ越し荷物が増えたときの対処法について説明しましょう。

1.増えた荷物の量をはっきりさせる

一般的に引っ越し業者の担当者は、見積もりの際に家具の大きさや数、荷物の量などから当日必要になるトラックのサイズや作業員の人数を割り出しています。そのため、増えてしまった荷物の量によっては、見積もりで決めたトラックに問題なく積み込めることもあります。こうしたケースではトラックのサイズ変更や追加の必要もないため、荷物が増えたとしても見積もり通りに引っ越しを進めることが可能です。しかし、トラックに積み込めないほどの量となると話は別です。見積もりで出したトラックのサイズと数では間に合わないため変更が必要になり、当然、見積もりも変わってきます。そのため、まずはどのような種類の荷物がどのくらい増えるのかを、明確に把握することが重要なのです。

2.引っ越し業者に連絡する


見積もりよりも荷物が多くなる可能性に気付くのは、実際に荷造りを開始してからというケースも多いようです。増える荷物についての詳しい情報を、できるだけ早い段階で業者に連絡する必要があります。メールでは正確に伝わらない場合もあるので、電話での説明がベターでしょう。

2-1.段ボールが増えた

引っ越し当日に向けて荷造りをしている最中に、予定よりも段ボールが多くなったことに気付いたとします。もし、業者が見積もりの段階でトラックのスペースに余裕があったとしたら、たとえ段ボールが数個増えてしまったとしても積み込むことが可能です。このようなケースでは、連絡すら必要ない場合も考えられます。しかし、見積もりで決めたトラックが既にジャストサイズだと増加分の余裕スペースはないので連絡が必要です。見積もりよりも段ボールが10箱以上増えてしまったときや、引越しが多くなる繁忙期にも、業者への連絡は必須だと心得ておいたほうがいいでしょう。

2-2.家具などの大きな荷物が増えた

増えた荷物が家具のような大きなものだった場合、どうしたらいいのでしょうか。家具のように大きな荷物が増えてしまうことが引っ越し当日になって明らかになっても、トラックにスペースが無ければ積み込むことはできません。もし、追加のトラックの手配が可能ならば、対処してもらうこともできます。しかし、当日の追加が無理ならば、その荷物の配送を断られてしまう可能性もあります。大きな荷物が増えてしまう場合には、前もって業者へ連絡しておくことが必須だといえそうです。また、連絡が当日になってしまった際には大きな荷物をトラックに積み、その代わりに段ボールなどの小さな荷物を残していくパターンもあるようです。

3.トランクルームの利用を検討する

引っ越し荷物が当初の予定よりも増えてしまったときは、トランクルームを活用して解決することも可能です。特定の季節でのみ使用する家電、あまり使わない家具、もしくは、イベント用品などの使用頻度の低いものをリストアップしていき、引っ越し先エリアにあるトランクルームに保管します。全国にあるトランクルームの検索は、「グッドトランク」で効率よく探すことが可能です。荷物をトランクルームに運ぶのは、自家用車や軽トラックなどを使って自分でおこなうことができます。引っ越し前に少しずつ荷物をトランクルームへ運んでおけば、当日はストレスなくスムーズな引っ越し作業がおこなえるでしょう。

早めの連絡と調整が大切!トランクルームを利用するという選択もアリ?

見積もり後に荷物が増えることは珍しくありませんが、引っ越し当日になってからでは対処も難しく、荷物の配送をしてもらえないこともあるので注意が必要です。どうしても荷物を減らせない場合には、トランクルームを利用する手もあります。「グッドトランク」で引っ越し先の近くのトランクルームを検索し、普段はあまり使わない荷物を保管することで解決しましょう。

引っ越し荷物にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA