グッドトランクニュース
2019/11/07
棚収納
豆知識

トランクルームでは「棚」が役立つ!おすすめの棚と使用上の注意点とは

荷物の収納場所として「トランクルーム」の活用が注目されています。しかし、せっかく借りても、荷物が増えて出し入れや整理整頓が難しくなることも少なくありません。このような場合「棚」をうまく活用することで、トランクルーム内の空間を最大限活用することが可能です。ここでは、トランクルームで使える棚の種類や特徴について紹介していきます。

1.トランクルームの空間を活用するには「棚」がおすすめ!

“トランクルームを借りるときは、立地条件をはじめ、用途に合ったサイズなどを確認することが大切です。そのうえで、トランクルーム内も確認しておく必要があります。荷物を整理整頓するためには、棚があったほうが便利なことを知っておきましょう。

トランクルーム内をフル活用しているつもりでも、天井までのスペースが空いていることが少なくありません。トランクルームという限られた空間を有効活用するためには、「縦の空間」をいかに活用するかが大きな鍵を握ります。その結果、デッドスペースをなくするだけでなく、より多くの荷物を預けることにもつながるのです。棚を設置することでどのように変化するのかは、住居のクローゼットやシンク下をイメージすればわかりやすいのではないでしょうか。

荷物を次々に積み重ねていくと、出し入れや整理整頓が難しくなります。特に、下のほうにある荷物を取り出すためには、上の荷物を降ろす必要があり、面倒に感じることも少なくないでしょう。そうならないためには棚を使って、荷物ごとに収納する方法がおすすめです。また、荷物をバスケットやケースなどに入れて置くときは、中味がわかるようにシールなどを貼っておくことが大事なポイントです。

なお、トランクルーム業者のなかには、棚の貸し出しを行っているところがあります。また、もともと棚が設置されているトランクルームもあるため、棚の購入を避けたい場合は、そのような業者を利用するとよいでしょう。”

2.棚の種類はさまざま!目的に合うものを選ぼう

棚にはいろいろなタイプがあり、サイズや外観、価格なども異なります。棚を設置するときは、それぞれの棚の特徴を知ったうえで、目的に合うものを選ぶことが大切です。ここでは、3種類の棚について説明します。

2-1.カラーボックス

本や小物などの収納としてもお馴染みのカラーボックスは、トランクルームに置く収納用の棚としても最適です。比較的安価で入手できるだけでなく、さまざまなサイズや色のボックスから選ぶこともできます。カラーボックスのなかに、バスケットやケースを置くのも一案です。また、一段を細かく仕切ったり、異なるサイズのカラーボックスを組み合わせたりしてもよいでしょう。必要に応じてベストサイズの棚をつくれることがカラーボックスのメリットです。

2-2.突っ張り棚

棚の組み立てや運搬が面倒な場合は、かさばらずサッと設置できる突っ張り棚がおすすめです。突っ張り棚は、突っ張り棒と同じ感覚で壁面に設置することができます。ただし、荷物を置くときは、耐荷重をしっかり確認することが大切です。突っ張り棚の性質上、重い荷物は置けないことを知っておきましょう。突っ張り棚の設置に際しては、設置できる幅にも注意する必要があります。もちろん、収縮するタイプが多いですが、耐久性などを考慮すると上限まで伸ばし切らないことが大切です。壁面に設置するときは、ズレ落ちないようにしっかり固定しましょう。

2-3.メタルラック

荷物の大きさに合わせて、棚の高さや数を自由に組み替えたいときは、メタルラック(スチールラック)がおすすめです。こちらは、住居内の整理整頓だけでなく、倉庫で商品の在庫を管理する場合にも活用されています。メタルラックを使うメリットは、汚れても掃除しやすいだけでなく、耐荷重も十分あることです。ネジなどが不要で組み立ても比較的簡単なタイプが多く、使いやすい点でも重宝されています。

3.トランクルームで棚を使用する際の注意点

“トランクルームに棚を設置するときは、室内のサイズを測るのはいうまでもありません。棚を設置することでトランクルームの空間を有効活用できます。しかし、トランクルームに入らないサイズを選ぶと本末転倒です。購入に際しては、入口のサイズも忘れずに測っておきましょう。トランクルーム内で棚を組み立てる方法がありますが、意外と場所を取るものです。そのため、トランクルームに運び入れる前に組み立てたほうがよいかもしれません。また、トランクルーム業者のなかには、棚の貸し出しをしているところもあります。棚を購入する手間暇を省きたい場合にはおすすめですが、トランクルームの契約時には、料金体系も含めて確認することが大事なポイントです。

棚の設置時には、転倒防止対策も忘れてはなりません。棚が倒れてくると危険なので、ストッパーなどで転倒防止対策をしておきましょう。カラーボックスを重ねて使用するときは、それらを連結しておくことも大事なポイントです。また、賃貸物件の転倒防止対策をするときは、壁に穴を開けない配慮も不可欠です。このような背景もあり、ストッパー式(またはマット式)とポール式(突っ張り棒)を組み合わせる方法が注目されています。棚の転倒を防ぐためにも、慎重すぎるくらい慎重な対策をおすすめします。”

収納にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA