グッドトランクニュース
2019/11/06
家電

トランクルームに家電を預けたい!注意点やトランクルームの選び方は?


家電製品には、季節によって使うものと使わないものがあります。自宅に十分の収納スペースがない場合、しばらく使う予定のない家電をどうすればいいか、悩むことはありませんか。家の中をいつもすっきりさせておきたいなら、トランクルームを利用するのがおすすめです。この記事では、家電を預ける場合の注意点やトランクルームの選び方を紹介します。

1.トランクルームに家電は預けられる?

家電と一言で言っても、冷蔵庫やエアコンといった大きいサイズの家電もあれば、扇風機やこたつ、電子レンジなど比較的小さいものもあります。「大きい家電は無理かも?」と心配するかもしれませんが、トランクルームには大きさが違うさまざまなタイプがあり、預けたい家電の大きさに合わせて、タイプを選ぶことができます。月額は選ぶタイプによって変わります。広いスペースをレンタルすれば、その分高くなりますが、小型家電くらいのサイズを収納するだけのタイプであれば、月額数百円ほどでレンタルできるトランクルームもあります。収納したい家電の大きさや数量に応じてタイプを選べるので、大変経済的です。

シーズンオフ以外にも、引越しや海外赴任などで一時的に使わない家電が出ることがあります。処分するほどでもないというときは、トランクルームで保管しておくことをおすすめします。

2.要注意!家電を預けるときのポイント

トランクルームに家電を預ける場合、注意しておかないといけない点がいくつかあります。それらを一つ一つ説明していきます。

2-1.汚れをしっかり落とす

家電はホコリや汚れに弱い製品です。一時的とはいえ、ある程度の期間保管しておくわけですから、預ける前には家電の汚れをしっかり掃除しておきましょう。汚れが残ったままの状態で保管すると、カビが生えたり故障の原因になったりすることがあります。ほとんどの家電は、少し濡らしたタオルなどを使って、軽く拭くだけでホコリが取れます。冷蔵庫や洗濯機などは、水気をしっかり拭き取りましょう。冷蔵庫の中は、除菌スプレーなどを併用すると雑菌の繁殖も抑えることができます。その後は、十分乾燥させてから預けましょう。

2-2.定期的に状態を確認する

「トランクルームに預けているから、何もしなくて大丈夫」と思いがちですが、預けている間にもホコリはかぶります。また、それ以外にも何かの拍子で積み上げておいた家電が下に落ちてしまうということもあります。トランクルームに預けていても自分の所有物であることには変わりないので、定期的に状態を確認してメンテナンスしましょう。定期的に確認しておけば防犯にもなりますし、万が一盗難の被害に遭ったとしても、いち早く発見することができます。

2-3.湿気対策は十分に行う

家電をトランクルームに預ける前にはしっかり乾燥させておくことが大切ですが、トランクルームの中に保管している間も湿気対策が欠かせません。トランクルームは密室なので、湿気がこもりやすいといえる構造ですが、家電は湿度が高いと故障してしまう恐れがあります。湿気対策として除湿剤を置き、こまめに交換するようにします。また、冷蔵庫や洗濯機の扉を開けておくのも方法の一つです。ほかにも、家電どうしの間隔をあけたり、スノコを下に敷いたりして風通しを良くしておくこともできます。

3.家電を預けるのに適したトランクルームの選び方

最後に、家電を預けるのに適したトランクルームのポイントを3つ挙げておきます。上の項目で、自分でもできる湿気対策について取り上げましたが、家電は湿気でカビが生えたり故障したりしやすいため、トランクルームは空調設備が整った屋内型を選ぶのがいいでしょう。これが1つ目のポイントです。屋外型だったり料金が安かったりするトランクルームは、空調設備がないところもあります。2つ目として、大切な荷物を預ける以上、鍵や管理人、防犯カメラなどのセキュリティがしっかりしているところを選ぶほうが安心です。3つ目は、車を持っていない場合や大型家電を預けたい場合には、運送サービスを提供しているトランクルームを利用するのが便利です。

家電製品の置き場に困ってる方!

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA