グッドトランクニュース
2019/10/24
トランクルーム

快適かつ安全に使用するには?トランクルームの使い方と注意点

家の中にあるものを別の場所に保管したい、そういったニーズに対応可能なサービスがトランクルームです。具体的な使い方が気になっているという人もいるのではないでしょうか。この記事では、トランクルームのシステムや使い方について紹介しています。トランクルームを使用するときの注意点についても解説しているので、是非参考にしてください。

そもそもトランクルームとは?

トランクルームとは、保管スペースの貸し出しを行っている収納サービスのことです。衣類などのシーズンごとに入れ替えるものやクリスマスツリーといった普段は使わないもの、書籍やレコードなど場所を取るものを保管しておく場所としてニーズが高まっています。また、単純にものを保管するだけにとどまらない高品質なトランクルームも登場しています。保管したいものに応じて湿度や温度を管理できるように空調を完備したトランクルームや、セキュリティに配慮して有人で管理を行うビル型のトランクルームなど、荷物の状態や利用目的に応じて選べることがポイントです。

トランクルームの具体的な使い方

次にトランクルームの具体的な使い方を紹介します。どのような使い方が最適なのかを考えながら読み進めると、より参考になるかもしれません。

自分で荷物を出し入れする方法

この方法の場合は、保管スペースとなるコンテナや部屋の鍵を受け取り、自分で荷物を出し入れするという手順でトランクルームを利用します。24時間365日、自由なタイミングで出入り可能なタイプのトランクルームも多いので、自分の都合がいい時間に利用できることがメリットとなります。プライベートなものなど、あまり他人に触れてほしくない荷物があるという人の場合はこちらを選ぶとよいかもしれません。ただし、荷物を自分で運ばなければならないので、重さや数によっては苦労する可能性があることがデメリットといえるでしょう。荷物の出し入れのしやすさにも関わってくるので、トランクルームの立地条件や駐車場の有無について重視することがおすすめです。

業者に運搬してもらう方法

トランクルームの利用では、荷物の出し入れを業者に任せるという方法を選ぶことも可能です。トランクルームの管理会社や提携している運送会社などに荷物を運搬してもらうというタイプになっており、電話やwebで予約をすることで荷物の持ち運びを依頼できます。自分で荷物を出し入れする必要がないという点がこの方法のメリットです。そのため、車を持っていない人や体力的に荷物をトランクルームまで運ぶことが難しいという人に、人気があります。預けた荷物の管理方法は業者によって異なり、自分で直接荷物の出し入れができないところもあるので、事前に確認しておきましょう。この方法の場合、荷物を運搬するごとに配送料が必要になる点はデメリットといえるかもしれません。

トランクルームの使い方で注意するポイント

トランクルームを利用する際にはいくつか注意しなければならないポイントがあります。具体的には、トランクルームに保管することを避けるべきものがあるのです。たとえば、ガソリンや灯油が入ったままの道具などは火災の原因になりえるので預けないようにしましょう。また、現金をはじめ、印鑑や通帳などの貴重品を保管することも避けたほうがよいです。盗難や火災など、万が一の被害にあったときに補償を受けられない可能性も少なくありません。その他の注意点など、業者ごとに定められた禁止事項についても事前に確認しておくことが重要です。

使い方を把握しておくことでトランクルームの利便性が向上

トランクルームは多彩な特徴を持ったサービスです。保管スペースの広さやセキュリティ、荷物の出し入れ方法など自分のライフスタイルや目的に合ったトランクルームの使い方を選びましょう。そして、好みのトランクルームを探す際には専門の検索サイトをチェックし、レンタルを申し込むのがおすすめです。専門の検索サイトを使うことで条件を比較しやすくなるので、より自分に合ったトランクルームを見つけやすくなります。

収納にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA