グッドトランクニュース
2019/10/24
トランクルーム
トランクルーム活用例
引っ越し
引っ越し荷物

引越し時の荷物はどうする?トランクルームを活用するメリット

引越しする際に、荷物の管理に悩んでいませんか。そのようなときには、トランクルームの預かりサービスについて詳しく知りたいものです。そもそもトランクルームの預かりサービスとはなんなのでしょうか。この記事では、引越し時にトランクルームを利用するメリットや利用する際の注意点などについて、詳しく解説していきます。

引越しで荷物の管理・保管に困るケース

引越しをする場合には、荷物の管理や保管に困ってしまうケースも珍しくはありません。特に、ホテルなどには持ち込むことができない大型家電や家具といった家財道具は、どのように保管したらいいのかわからない人も多いでしょう。すぐに新居へと家財道具を運び込めるのならいいのですが、そうはいかない場合も多いです。現在の住居を解約したが転居先の住人の退去が間に合わない、遠方へと転勤することになったが住居が決まっていない、自宅を建て替え工事するため一時的に家財道具を保管したいといった場合もあります。これらのケースでは、荷物の管理や保管に困ってしまうことが多いでしょう。

引越しでトランクルームを利用するメリット

引越し業者にも荷物の預かりサービスはあります。しかし、一時的な家財道具の管理・保管ならトランクルームを利用するのもおすすめとなっています。トランクルームを利用するメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。詳しく紹介していきます。

保管した荷物の出し入れが簡単

“トランクルームを利用するメリットとしてはまず、保管した荷物の出し入れが簡単におこなえることが挙げられます。引越し業者に荷物の管理や保管を依頼すると、簡単に出し入れすることはできません。防犯対策や倉庫までの距離といった問題があるので、気軽に荷物を出すことは難しいのです。一方、トランクルームの場合には、管理会社に連絡すれば、家財道具の出し入れは簡単におこなえます。

喪服など滅多に使わない衣服を預けてしまう人も多いのですが、引越し業者に預けてしまうと緊急時にすぐに対応してもらえないケースもあるので注意しましょう。

保管環境を事前に確認できる

“保管環境を前もって確認できるのも、トランクルームのメリットです。引越し業者の倉庫にも空調がついていると説明されるケースは多いのですが、この場合の空調は換気扇がついているという意味なのです。空気の入れ替えはおこなえますが、冷暖房はついていないケースが多いでしょう。そのため、温度管理や湿度管理が必要な家財道具の保管には向いておらず、リスクが高いのです。
トランクルームの場合には、空調設備が整っているところも多くあります。温度変化や湿気などに弱い家財道具を保管したいのなら、トランクルームのほうが安心です。

引越しでトランクルームを利用する際のポイント

“引越しでトランクルームを利用するのなら、注意しておきたいポイントがいくつかあります。まずは、トランクルームの大きさをしっかりと確認しておくことです。トランクルームを契約しても、預けたい荷物がすべて入らないのでは意味がありません。トランクルームの幅や高さ、奥行きはきちんとチェックしておくといいでしょう。また、タンスや冷蔵庫といった大型の家財道具を預けたいのなら、扉の大きさや通路幅についても確認しておく必要があります。

利用料金についてもきちんと調べて比較しておくことが大切です。トランクルームの利用料金は、利用期間やサイズ、立地やサービス内容などの条件によって大きく異なります。引越しを終えるまでにどのくらいの期間が必要なのかを考慮して料金を調べておくことで、予算内に収まりやすくなります。

また、事前に保管環境をチェックすることも重要です。屋内型トランクルームであっても、温度や湿度対策が不十分な業者は存在しています。そのような悪徳業者に当たらないように、実際のトランクルームを見て保管環境を確認しておくと安心です。

引越しで荷物を一時保管するならトランクルームがおすすめ

トランクルームには、引越し業者の預かりサービスとは違った利便性があります。収納スペースに困っているのなら、トランクルームをレンタルしてみるといいでしょう。また、使用することがほとんどないようなアイテムは、引越し後もトランクルームにそのまま預けておくのも一つの方法です。

引っ越し荷物でお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA