グッドトランクニュース
2019/10/24
豆知識

トランクルームにかかる料金とは?毎月の費用を節約するポイント


普段使わないものや部屋に収まらないものなどを収納するための方法として、人気を集めているのが「トランクルーム」です。ただ、トランクルームの利用を考えたときに、「利用料金」が気になる人も多いのではないでしょうか。ここでは、トランクルームの利用に興味がある人に向けて、利用時にかかる料金や、費用を抑えるためのポイントについて紹介します。

トランクルームの初期費用・毎月支払う料金

“トランクルームを利用する際は、初期費用や毎月支払う料金をしっかりとチェックしておくのが肝心です。利用時は初期費用として、トランクルームの使用料と管理費を日割りし、初月分と翌月分を支払うのが基本です。また、業者によっては事務処理の経費として「事務手数料」、南京錠やカードキーなどを用意するための「鍵の設置代」などがかかる場合があります。さらに、トランクルームによっては「セキュリティ登録代」、「敷金・礼金」などが必要になるケースもあるため、注意が必要です。

次に、毎月支払う料金は使用料と管理費に加えて、「更新料」や「引き落とし手数料」などがかかる場合があります。それ以外にも、火災や盗難などのトラブルに備えるための「保険料」、保険会社に加入するための「保証料」などが必要になるケースもみられます。また、トランクルームによっては、解約の際に「解約料」が発生する場合があるため、契約前に確認しておくと良いでしょう。

トランクルームにかかる初期費用の相場

“初期費用は業者によって大きく異なり、相場がわかりにくい状態です。一般的に、初期費用の相場は屋外型・屋内型ともに、「月額使用料2~4カ月分程度」が目安だとされています。ただ、これはあくまでも目安です。使用するトランクルームの詳しい料金については、事前にしっかりと確認する必要があります。

また、宅配型トランクルームの場合は、預けられる荷物が比較的少なく、そのぶん月額料金も手頃なケースが多いといわれています。なぜなら、屋外型・屋内型と異なり、管理費や鍵の設置代などがかからないケースが多いためです。初期費用の相場は「月額使用料約1~2カ月分程度」が目安だとされており、必然的に初期費用も安い傾向にあります。

トランクルームにかかる月額料金の相場

“月額料金は約2000~5000円程度と、トランクルームによって大きく異なります。非常に料金の幅が広く、相場がわかりにくいのが現状です。月額料金が変動する要素には、さまざまなものがあります。例えば、「部屋の広さ・サイズ」「立地」なども、料金を左右する重要な要素です。トランクルームが繁華街にあるのか住宅街にあるのか、また駅からの距離などによっても料金が変動します。

さらに、エアコン・冷暖房などの「施設環境・サービス」「エレベーターの有無」なども価格差を生むポイントです。同じような立地で価格差が大きい場合は、サービスや条件などをチェックしてみると良いでしょう。特に、「借りる部屋の階数」は確認しておきたい要素です。借りる部屋が1階にあるのか、上層階にあるのかでも料金が違ってきます。

トランクルームの料金を節約するには?

“少しでもトランクルームにかかる料金を節約したい、という場合はどうすれば良いのでしょうか。料金を節約するコツには、以下のようなものが挙げられます。まず、料金を安く抑えたいのなら「屋外型」のトランクルームを選ぶのがおすすめです。同じ広さであっても、屋内型よりも屋外型のほうが、料金が安く設定されているケースが多いのです。

また、車で荷物を運べる場合は、「郊外のトランクルーム」を利用するのも良いでしょう。都市部から遠い場所であれば、トランクルーム自体の利用料金が安い傾向にあります。さらに、屋内型のトランクルームを借りる場合は、「上層階」を選ぶのも一案です。上層階は1階に比べると、荷物を運ぶ手間や時間がかかりやすいぶん、料金が安く設定されていることがあります。運搬に不便を感じなければ、料金を抑えやすくなるためおすすめです。

トランクルームの料金は条件や探し方次第で節約可能

トランクルームを借りることで、収納力は格段にアップします。ただ、トランクルームの料金は条件によって変動するため、契約前にきちんと内容を確認するのが重要です。探し方次第では、想像よりも安く借りることもできます。探し方のポイントを押さえて、トランクルームのレンタルの申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

収納にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA