グッドトランクニュース
2019/10/24
ガレージ

ガレージにあると便利!カーライフを楽しむために必要な設備とは?

車を所有するとき、その保管をどうするかが大きな課題になります。駐車場を借りる方法もありますが、自宅に保管場所があったほうが何かと便利です。車をよい状態に保つためには、ガレージをつくったほうがよいでしょう。また、ガレージをつくるなら、ぜひ設置したい設備や備品もあります。ここでは、カーライフを楽しむためにガレージにあると便利なものについて解説していきます。

1.ガレージは単なる駐車スペースではない

車を迎えるために、ガレージの設置を検討する場合もあるでしょう。ガレージをつくる目安として車のサイズは欠かせない条件です。しかし、車が置ければ大丈夫というわけにはいきません。車に乗り降りするためのスペースが必要だからです。運転席はもちろんのこと、助手席や後部座席などにも乗り降りのための適度なスペースをつくりましょう。
2.ガレージに欲しい3つの設備
ガレージをつくるときは、敷地を考慮したうえで導入する設備を決めることが大切です。また、あれもこれもと欲張るとキリがありません。この段落では、ガレージに欲しい3つの設備について解説していきます。
2-1.1.夜間でも作業しやすい照明

3つの設備のなかでも、もっとも欲しいのは照明設備です。夜間に車のメンテナンスを行う場合、照明は不可欠です。懐中電灯を使う方法などもありますが、それでは十分とはいえないでしょう。やはり、ガレージ内に照明があると作業がはかどります。また、車での帰宅が夜間になるとき、ガレージの出入り口やガレージ内に照明があると重宝すること間違いありません。荷物の出し入れはもちろん、ガレージから住居まで移動するときも足元が明るいので安心です。
2-2.2.工具やタイヤを収納するスペース

車のメンテナンスに必要な工具がガレージ内にあれば、必要なときにすぐに取り出して使えます。夏タイヤと冬タイヤとの交換は典型的な事例です。タイヤ交換にともない、使用していないほうのタイヤを保管する必要性がでてきます。タイヤは直射日光をはじめ、雨水や熱などにも弱いため、劣悪な環境に置いておくとゴムの劣化が早まる原因にもなりかねません。そうならないためにも、ガレージにはタイヤの保管場所をつくりましょう。

2-3.3.洗車や掃除をするための設備

車を水洗いするには、水栓からホースをつなぐ必要があります。そのためには、ガレージに水栓を付けるのが理想的です。また、掃除機が使えると車内の掃除がスムーズにできます。ハンディタイプの掃除機も存在しますが、充電を手間に感じることも少なくないからです。さらに、ガレージ内にコンセントを設置することで、電動ポリッシャーの使用にも役立ちます。

3.スペースが足りなければレンタルで補おう

ガレージには、車のメンテナンスなどに使う設備があるのが理想的です。しかし、ガレージによってはスペースの確保が難しいケースもあります。たとえば、タイヤの保管は場所を取るため、そのスペースがつくれないこともあります。そのような場合は、トランクルームの利用も一案です。トランクルームの利用に際しては、保管するものの大きさに合った最適なタイプを選びましょう。

収納にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA