グッドトランクニュース
2019/10/24
冬服
洋服

分厚い冬服を保管したい!かさばる衣類を収納するのに適したスペースとは?

冬服は、他の季節の服と比べても分厚いうえに、収納するための広いスペースが必要ですよね。お手入れを怠ってしまったり保管の方法を誤ったりしてしまうと、冬服が傷んでしまうことにもつながりかねません。次の冬を迎えるまでにお気に入りの冬服の美しさを保ちながら、かさばらずに収納できる場所について解説していきます。

冬服の保管は洗って乾かしてから

冬が終わってコートやセーターを収納するとき、しっかりとクリーニングをしていますか。お店でのクリーニングの場合はすべての工程をプロが行ってくれるので心配ありませんが、自宅で行う場合は洗った後しっかりと乾かしてから収納することが大切です。コートやセーターは、一見すると汚れているように見えないものも多くあります。しかし実際は、一度でも着用したものには汗や皮脂、食べこぼし、外の汚れが付着しているのです。これらを除去しないまま保管してしまうと、汚れやダニの温床になりかねません。

だんだんと暖かい季節が近づくと、室内の温度の上昇によりコートやセーターに付着した虫の卵がかえって、繊維を食い荒らしてしまう可能性があります。汚れたまま放置された衣類には、黄ばみが発生してしまう恐れもあるので長期間の保管時には必ずクリーニングを行いましょう。乾きが十分でないままに保管してしまうとカビが生えてしまう原因にもなります。洗う工程と乾かす工程は冬服の収納には必須です。

冬服を保管する3つの方法

洗って乾かしたコートやセーターの保管方法は生地や繊維によって向いている方法がさまざまですが、ここでは3種類の保管方法をご紹介します。

1.ハンガーに吊るして収納
一番簡単で手っ取り早い収納方法は、ハンガーに吊るす収納方法ですよね。吊るす収納は、しわになりにくいことが一番のメリットです。Yシャツやブラウスなど軽い素材のものは細いハンガーでも構いませんが、重い素材でできたコートは型崩れなどを防ぐためにも太めのハンガーに吊るすのがおすすめです。しかし、ダウンジャケットは中身のダウンが裾のほうに下がってしまうため、吊るす収納は避けたほうがよいでしょう。

2.引き出しにたたんで収納
セーターなどのニット類は通気性が良く、ある程度深さのある引き出しにふんわりとたたんで収納するのがよいでしょう。繊維を傷つけないようにするためにも、浅い引き出しにぎゅうぎゅうと押し込んだりしないことが大切です。引き出しの形や使用頻度によっては、折りたたまずにロール状に巻いて前から順番に立てて収納していくと目的のものを見つけやすく、取り出しやすくなるでしょう。

3.衣装ケースに保管
衣替えのための長期間の保管であれば、プラスチックの衣装ケースにたたんで収納しておきます。衣類は、引き出し収納と同じようにロール状にするなど衣装ケースの大きさに合わせてたたみ、前から順番に立てて入れていきましょう。防虫剤の成分は上から下へと流れるので、効果を最大限に活用するために衣類の上に防虫剤を置きます。

】長期保管にはトランクルームがおすすめ

どのような収納方法でも家の中のクローゼットやたんす、押し入れなどの収納スペースが必要です。家族が多かったり部屋が狭かったりすれば、生活スペースの一部を保管場所に充てなければならないこともあるかもしれません。かさばるうえに温度管理などが必要になってくる冬服の長期保管は、汚れや繊維が傷つくことを気にすることなく安心して保管できる環境が欲しいですよね。そこで、トランクルームを活用してみてはいかがでしょうか。温度や湿度が一定に保たれた空間で、収納するのに必要なスペース分だけ借りられるため経済的です。必要な時に必要な分だけ取り出すことができるのもメリットなので、季節ごとの衣替えでの利用もおすすめですよ。

収納にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA