グッドトランクニュース
2019/10/24
収納
同棲
引っ越し
引っ越し荷物
洋服
片付け

同棲を解消して別れることに!相手が残した荷物はどうする?


同棲解消の際にトラブルになりやすいのが、相手が残した荷物をどのように処分するかということです。後腐れなく別れることができればトラブルにはなりませんが、感情的に別れてしまったときはこじれる可能性も考えられます。最悪の場合、音信不通になってしまうおそれもあるでしょう。そこで、同棲を解消するときに、相手が残した荷物をどのように扱うべきかを説明します。

自分の荷物は責任を持って!共有財産については話し合いで

荷物の引き取りについて揉めないためにも、できれば同棲解消を決めたタイミングで、共有の財産をどのように扱うか、いつまでにお互いの持ち物を移動するかを決めておきましょう。スムーズに荷物を持ち出せるよう、同棲解消後もしばらくの間は、連絡を取れるようにしておくことも重要です。また、引っ越す場合はお互いに行き先の住所を把握しておきましょう。
行き先が決まらないけど取りあえず荷物は引き取りたい
荷物の引き取りについて揉めないためにも、できれば同棲解消を決めたタイミングで、共有の財産をどのように扱うか、いつまでにお互いの持ち物を移動するかを決めておきましょう。スムーズに荷物を持ち出せるよう、同棲解消後もしばらくの間は、連絡を取れるようにしておくことも重要です。また、引っ越す場合はお互いに行き先の住所を把握しておきましょう。

ただし、同棲を解消する際に話がこじれて、連絡がつかなくなってしまうケースも考えられます。相手と連絡ができないときは、共通の友人に仲介して、連絡をとってもらうよう頼むのも1つの方法です。相手の実家の住所や連絡先が分かるのであれば、荷物を送りたい旨を相談して、承諾してもらうという方法もあります。

行き先が決まらないけど取りあえず荷物は引き取りたい

同棲を解消した後の流れは、大きく分けて自分が出ていくケースと相手が出ていくケース、お互いに引っ越すケースの3種類があります。自分が出ていく場合、別の部屋を借りて引っ越す人もいれば、実家に戻る人もいるでしょう。行き先は決まっていないものの、すぐに出ていきたいという場合は、荷物を一旦トランクルームに預け、新居が決まってから引っ越し業者に運んでもらうという方法もあります。

トランクルームを借りたり、引っ越し業者に頼んだりする費用がないという場合は、何度かに分けて少しずつ運び出せば、お金はかかりません。しかし、相手と顔を合わせなければならないリスクもあります。どうしても会いたくないという場合は、鉢合わせを避けるために荷物を運び出す時間を調整したりなどの手間もかかるでしょう。実家に戻る場合は、家具や日用品は必要なくなるので、思いきって荷物を処分するのも1つの方法です。

なかなか荷物を引き取りに来てくれないときは?

相手が荷物を残したまま出ていってしまったときは、なるべく早く引き取ってもらうよう催促しましょう。いらないと言われた場合は、処分しても問題ありません。しかし、連絡をとっても「行けたら行く」と先延ばしにされてしまう場合、勝手に処分するわけにはいかないでしょう。相手の引っ越し先が分かるのであれば、一度連絡を入れてから荷物を送ったほうが無難です。連絡しても返事がない、もしくは先延ばしにされてしまうときは、三回警告しても返事がない場合は処分するという旨をはっきりと伝えましょう。荷物を処分した後、相手に報復されるのが怖いという人は、あらかじめ弁護士に相談しておくと安心です。

すぐにでも引っ越したい!相手が残した荷物はどうする?

退去日までにお互いの荷物が片付いていれば問題はありませんが、相手の荷物が残っている状態で退去日を迎えてしまうこともあるでしょう。相手が引き取りに来られない状態であれば、トランクルームに預けます。事前に決めた期日までに引き取りに来なければ、期日を過ぎた後の保管料については相手に請求する旨を伝えておきましょう。

期日を過ぎたからといって勝手に処分してしまうと、所有権侵害になってしまう可能性があります。相手が引き取りに応じない場合は、保管費用請求の訴訟を起こした後に、動産執行を行わなければいけません。ただし、訴訟はあくまで最後の手段です。どうしても応じない場合は訴訟も辞さない覚悟である旨を伝えたうえで、できる限り穏便に済ませる方法を見つけましょう。

どうしても引き取りに来てくれないときは別の場所に預けよう

感情的に別れてしまうと、同棲を解消した後もお互いに気まずくなり、荷物を引き取るときや退去するときなど、連絡を取る必要が生じたときに困ることになります。こじれる前に冷静に話し合う機会を作り、後腐れなく別れられるように努めましょう。すぐに話し合うのが難しい場合は、落ち着くまで冷却期間を置くのも1つの方法です。荷物を引き取ったり、処分したりする決心がつかないときは、一時的にトランクルームに預ければ、お互いに迷惑をかける心配もありません。

荷物の置き場にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA