グッドトランクニュース
2019/10/24
アウトドア
ボックス収納
収納
片付け
豆知識
趣味

キャンパー必見!いつの間にか増えるキャンプ用品の収納どうしてる?


キャンプが好きな人は、大きくてかさ張るキャンプ用品の収納方法に悩むことがあるのではないでしょうか。キャンプで使用する持ち物は、季節によって変わるため収納方法を間違えてしまうと準備するのも大変です。一目で物が見渡せる棚に、いつでも持ち出せる状態に分類して片付けることが望ましいといえるでしょう。この記事では、キャンプ用品の収納アイデアについて紹介します。

玄関周りに収納できないか考えてみよう

室内の収納が少ない場合、多くの人は庭やガレージ、ベランダなどに物置やコンテナボックスを置いて収納する方法を考えます。ただ、物置やコンテナボックスを置けない場合は、室内で収納場所を見つけるしかありません。そんなときは、玄関周りに収納できるスペースが無いか確認してみましょう。

収納スペースを最大限に活かす工夫を!

自宅の玄関周りに収納スペースが無いのであれば、室内に収納場所がないか確認しましょう。たとえば、ウォークインクローゼットや納戸なら一角に棚板を増やしたり、突っ張り棒を2本渡して軽い寝袋やマットレスを丸めて載せたりするなど、デッドスペースを最大限に活かすことも有効です。

押し入れであれば、下段にすのこやラックなどで棚を作り収納する方法もあります。収納のポイントは、下段にキャンプ用品をしまうということです。出し入れがしやすい上段には、日常的に使用するものを収納すると使いやすくなります。重量のあるアイテムは、キャスター付きラックなどで出し入れがしやすい工夫をしましょう。

キャンプ用品を室内に収納する方法

室内に収納できる場所がない場合は、棚を自作する方法もあります。棚にたくさん置く場合は頑丈なスチールラックが最適です。室内に収納する際は、スペースが限られているので棚の高さを調整してムダな空間ができない工夫をしましょう。DIYでは、木材をはめ込んでシェルフを作成する方法もあります。

コンパクトにまとまるものが収納にも移動にも便利

キャンプグッズを購入するときは、収納のことも考えてコンパクトにまとまるものを選ぶのが大切です。調理器具や食器などは、大きいサイズの上に小さいものを重ねられる入れ子式や、必要なものを一式重ねてコンパクトに収納できるものを選ぶと収納する際に便利でしょう。チェアとして使えるボックスであれば、その中に収納できるうえに荷物も減らせます。

キャンプ用品は忘れ物がないよう整然と収納するのがおすすめ!

アウトドアグッズは、忘れ物がないように1カ所にコンパクトに収納したいと考える人も多いでしょう。自宅の室内に収納がある場合は、工夫次第で大小問わずキャンプ用品の収納スペースを確保できます。しかし、自宅に収納できる場所がない場合は、せっかく揃えたキャンプ用品をムダにしないためにも別の方法を検討することが必要です。

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA