グッドトランクニュース
2019/07/25
キッチン 収納
トランクルーム
トランクルーム活用例
収納術
片付け
玄関収納
豆知識

狭い部屋でも工夫して収納力アップ!デッドスペースをなくす収納術


女性は衣類や雑貨、趣味用品など何かと部屋に収納しなければならないものが多くなる傾向にあります。しかし、1人暮らしの部屋の場合、収納スペースは限られているので、全てのものをうまく収納するのは難しいです。スッキリした部屋で暮らすため、片付けようと収納家具を増やしてしまうと部屋がより狭くなる原因になります。そこで、まずは収納機能を備えた家具やアイデア収納で工夫してみましょう。

狭い部屋のお助けアイテム!収納を兼ねた家具が便利

ロフトベッドは上下の空間を無駄なく活用できるため、収納を兼ねた家具として人気です。下段は収納スペースとして利用し、クローゼットのように洋服を掛けたり、棚を置いたりなど工夫次第で使い方を自由に選ぶことができます。また、高さが天井ほどある突っ張りタイプの壁掛け収納は収納力が高いほか、防音効果も発揮します。ごちゃごちゃした見た目にならないよう、ある程度のスペースを空けながら収納するのがコツです。他にも、洗濯機上の空間はランドリーラックとして活用できます。水回り用品(洗剤や柔軟剤など)を収納しておくと便利に利用可能です。

デッドスペースを収納場所にとことん活かそう!

玄関やトイレ、洗面所のドアの上はデッドスペースとなることが多いため、収納場所として活用しましょう。具体的には、突っ張り棒とワイヤーネットを使った壁掛け収納があります。この2つを使って収納スペースを作り、S字フックやピンチをつけるとバッグ・帽子・アクセサリーなどを吊るすことができるので、見せる収納として活用可能です。カゴや小さい棚などのオプションパーツを追加すると、細かいものや軽いものも収納できます。トイレや洗面所の場合、突っ張りタイプの棚を取り付けることでトイレットペーパー・タオルなどを収納できるため、普段の生活の利便性も向上します。

収納グッズはカラーや素材を統一してスッキリ見せる

カラーやデザインがバラバラの収納グッズを揃えてしまうと、統一感がなくなりごちゃごちゃした印象になってしまいます。そのため、キッチンの調理小物や調味料、食品ストックなどは同じメーカー・シリーズのトレイ・カゴなどで分類しましょう。食品のストックは買いすぎると収納しきれないので、適度な量を維持することが大切です。また、シンク下や吊り戸棚などは収納スペースを有効的に活用しましょう。例えば、スタッキングできる棚を置くと、調理器具や食器などをスッキリ収納できます。さらに、鍋や蓋はファイルボックスを使用すると、立てて収納できるので取り出しやすくもなります。

押し入れはふすまを外せば使い勝手が良くなる!

押し入れはふすまを外すと中が見渡しやすくなり使い勝手が良くなるほか、空間が広々と使えるようになります。大物の収納も押し入れであれば手軽です。ハンガーラックやパイプハンガーなどを活用すれば、クローゼット風に改造できます。さらに、前後の2列収納であれば、奥行きを活かしつつも取り出しやすくなります。

出番の少ないものはトランクルームに預ける方法も!


ワンルームなど収納スペースが限られた狭い部屋でも、デッドスペースを活かした収納術によってスッキリとした印象になります。暮らしやすく掃除も手軽に行えるのは大きなメリットです。どうしても収納スペースに入りきらないものがあれば、引越しを考えるよりもトランクルームを借りることを検討しましょう。こちらのほうが経済的で、多くのものを収納できます。特に、あまり日頃から出番のないアウトドアグッズやスポーツ用品、季節外の家電などの収納を便利にまとめられます。

収納にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA