グッドトランクニュース
2019/06/19
トランクルーム
トランクルーム活用例
引っ越し
引っ越し荷物
片付け
豆知識

引越しの荷物を減らすコツを伝授!使わないものは運ばない


引越しをするとき、あまりの荷物の多さに愕然とする人も多いのではないでしょうか。新居の収納スペースが狭い、引越し料金を節約したいなど、さまざまな理由で荷物を減らそうとするケースも少なくありません。今回は、引越しの荷物をどう減らせば良いかわからないという人のために、効率良く荷物を厳選するコツを紹介していきます。

物を貯め込む人は気をつけよう!引越しが整理整頓のチャンス

引越し料金は、基本的に運搬する荷物の量によって変わります。荷物の量が少なければ、運搬に必要な作業人数やトラックの容量なども把握しやすくなるため、適切な見積もり料金で安く引越しができる可能性が高いです。不要な荷物は新居に持ち込まず、「必要とする人に使ってもらおう」と考えるようにしましょう。また、荷物の梱包を自分で行う場合も引越し業者に依頼する場合も、量が少ないほうが準備や後片付けが圧倒的に楽になります。作業時間も短縮できますし、かかる費用も安く済むなどメリットが満載です。

普段の生活では、時間と手間をかけた本格的な断捨離でもしない限りは荷物を整理することは難しく、家の中に物が溜まる一方というケースも珍しくありません。本当に必要な物だけを新居へ持ち込み、スッキリとした新しい気持ちで新生活を始めるためにも、引越しをチャンスととらえて不用品を処分してしまいましょう。

「処分」は「捨てること」と考えるから踏ん切りがつかない

家の中にある荷物は、どれも自分や家族が必要だと思って買ったりもらってきたりした物です。「まだ使えるからもったいない」「そのうち使うときが来る」など、古い物や使っていない物を捨てられずに溜め込んでしまう人もいるでしょう。しかし、いくら使える物や新しい物でも、使っていなければ不用品です。不用品をそのまま持っていても有効活用できないので、それを必要とする人に使ってもらいましょう。「捨てる」「処分」という言葉を思い浮かべると踏ん切りがつきませんが、ほかの人が活用してくれると考えれば手放す覚悟もできるのではないでしょうか。どのように不用品を必要とする人を見つければ良いのか、荷物を減らすコツを具体的に紹介していきます。

親戚や友人知人に譲る

活用してくれる人がいるなら、もらってもらうのが一番です。親戚や友人、知人などに手当たり次第に声をかけて、欲しがる人がいないか探してみましょう。喜んでもらってくれるなら、手放す罪悪感もなくスッキリとした気分になれます。

リサイクルショップに売却する

新品やブランド品、需要が高い物など、価値が高い不用品であればリサイクルショップに買取に出すと良いでしょう。不用品をまとめて査定してくれるので手間がかかりませんし、出張買取に来てくれる業者もあるので大きな荷物でも安心です。よほど人気のある物でないと高額買取してもらうのは難しいですが、一度の買取で一気に不用品が片付くので非常に便利です。

フリマアプリやオークションに出品する

引越しまでにある程度時間の余裕があるなら、フリマアプリやオークションサイトで不用品を出品するという方法もあります。リサイクルショップに買い取ってもらうより高値で売れることが多いので、少しでも引越し費用の足しにしたいと考えている人にはピッタリです。ただし、出品手続きや購入者とのやり取り、品物の発送まですべて自分で行わなければならないため、手間がかかります。品物の状態などでトラブルになってしまうケースもあるので、利用する際は十分に注意しておきましょう。

不用品として回収してもらう


状態が悪くリサイクルできそうにない不用品は、思い切って処分してしまいましょう。どんなに元値が高価な品物でも、使わずに持っているだけでは意味がありません。収納スペースも無駄になるだけなので、分類したうえで不用品回収業者に引き取ってもらったり、適切な方法でゴミに出したりするようにしましょう。ただし、業者に回収してもらう場合は別途回収費用が必要になりますし、粗大ゴミとして捨てるときも自治体ごとに所定の費用がかかるケースが多いので、事前確認が必要です。

使う予定があるものはトランクルームに預けよう!


すぐには使わないものの、将来的に使う予定が決まっている物なら、一時的にトランクルームに預けておくというのも効果的です。新居の収納スペースが少ないときにもトランクルームがあると便利なので、利便性や料金などを検討しながら探してみると良いでしょう。

収納にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA