グッドトランクニュース
2019/06/19
トランクルーム
収納
引っ越し
引っ越しトラブル
引っ越し荷物

自宅のリフォーム中の荷物移動が悩みの種!置くべき場所はどこ?


自宅のリフォームを考える際に、真っ先に思い浮かべるのは、工事中の荷物置き場の確保ではないでしょうか。特に、家に住む人数が多ければ荷物の移動が面倒になり、工事に踏み切れない人も多いでしょう。そこで今回は、リフォームをする場合に荷物をどの程度片付ける必要があるのか、荷物置場の確保の方法について紹介します。

部分的なリフォームなら別室に荷物移動も可能!

短期間で終了する壁紙交換や床材張替えなど部分的なリフォームであれば、家具や荷物を別の部屋に移動するだけで工事が行えます。ただ、家具の大きさや荷物の量によって、全てのものを移動させるのが難しい場合もあるでしょう。しかし、リフォーム業者にとって、作業しながら家具や荷物を移動させるのは非常に非効率です。また、家具に傷がついたり、衣類が汚れたりするリスクもあるため、養生も必要になります。リフォーム業者の中には、通常よりも費用を高く請求される場合もあるので、作業の邪魔にならないように家具や荷物を事前に移動しましょう。

大掛かりなリフォームはよそへの荷物移動が必須!

リノベーションによる間取りの変更など大掛かりなリフォームの場合は、他の場所へ荷物を移動する必要があります。ただ、家族の人数や工事日数、移動する荷物の量を考慮して、対処する方法を考えなければいけません。もし一軒家に住んでいて広い庭を所有している場合は、大型倉庫を購入、もしくはレンタルするのも1つの手です。ただ、大型家具の移動の場合、養生が必要なうえに運搬を全て自分たちでできないことも多いため、人手が必要になるでしょう。

マンション暮らしや庭がない一軒家の場合は、工事が終わるまで一時的に引越しをする人も多いです。しかし、生活スタイルを維持するため、自宅の近くで家を探す場合がほとんどですが、近隣に適当な空き家がない可能性もあります。また、引越しの費用や家の初期費用が必ず発生するので、ある程度のお金が必要です。

さらに、費用を抑えようとして小さめの家を借りたけれど、全ての荷物が入らないなどといったトラブルが起こる場合もあるので注意しましょう。リフォームの規模によっては、生活拠点は現住居に残しつつ、頻繁に使わない荷物を別の場所に預ける方法もあります。ミニマルな生活にはなりますが、生活スタイルを変えることなくリフォームができるので非常に便利です。また、コストを抑えられるといったメリットもあります。

荷物の預け先はどのような場所が考えられるか


リフォームの内容にもよりますが、荷物移動の対象になるのは、基本的に家具や家電、衣類などです。それらを一時的に預ける場所には、3つの選択肢が挙げられます。1つ目は、広い空きスペースのある親族の家です。自宅から距離があると運搬料が高くなりますが、それ以外に高い費用はかかりません。コストを抑えたい人には、最もお手頃な方法です。

2つ目は、引越し業者が提供する荷物預かりサービスになります。業者によってサービスの内容や金額が異なりますが、運搬なども一緒に依頼できるので非常に役立つでしょう。3つ目は、トランクルームや貸し倉庫に預ける方法です。トランクルームや貸し倉庫はさまざまなタイプのものが存在するので、家具の大きさや荷物の量に合わせて選べます。

しかし、大きさによって利用金額が異なるので注意しましょう。また、荷物預かりサービスや、トランクルーム、貸し倉庫は、自宅から離れている場合もあるため、預けるものは頻繁に使用しないものを選ぶ必要があります。

預けた荷物が急に必要になった場合は?

荷物を預ける際は、リフォームが終わるまでは使う必要のないものを預けることが基本です。しかし、頻繁に使用しないものを選んで荷物を移動したものの、何らかの事情で荷物を出さなければいけない場合もあります。自由に出し入れできないことを考慮すると、最終的に移動しない荷物ばかりが増えてしまい生活に支障をきたす恐れもあるでしょう。

そんな悩みを持つ人に最適なのが、自分のタイミングで荷物の出し入れができるトランクルームです。先ほど紹介した親族の家や引越し業者による荷物預かりサービスでは、自由に出し入れすることが難しいでしょう。親族の家は親族の予定に合わせる必要がありますし、荷物預かりサービスでは、営業時間外の対応は不可とする場合がほとんどです。また、運送料や交通費が高額になるといったデメリットもあります。

預ける前に知っておきたい!トランクルーム利用の注意点


夏や冬の時期は、トランクルームの環境にも注意が必要です。特に屋外のトランクルームは、室内の室温や温度の変化が大きいため、温度管理や空調など設備が整った場所を選ぶ必要があります。そのため、それらの心配がいらない室内のトランクルームが最適です。

トランクルームによってルールはさまざまなので、自由に出し入れができるか、安全面は充実しているかなど必ず確認しましょう。また、預けたい家具や荷物の量に見合ったサイズを選ぶ必要があるため、それらを事前に確認する作業が大切になります。さらに、トランクルームを扱う業者には、配送や宅配サービスを提供するところも多いので非常に便利です。

適切な場所に荷物移動してリフォームで快適な暮らしを!

リフォームで荷物を移動する必要がある場合、トランクルームに預けるのが便利です。トランクルームといっても、屋内や屋外などその種類はさまざまなので、それぞれのメリットやデメリットを考慮して選ぶことが大事なポイントになります。工事の期間や荷物の量に適したトランクルームを利用して、安心してリフォームをしましょう。

収納にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA