グッドトランクニュース
2019/05/13
トランクルーム活用例
収納
衣類

衣類の収納に困ったらトランクルームを利用してみよう!


着用する機会が少ないフォーマルウェアや冬物の衣類などは意外と場所を取りやすいものです。衣替えのたびに保管場所で頭を悩ませる人は多いのではないでしょうか。クローゼットや押入れに収納場所が確保できない場合は、トランクルームの利用を検討してみましょう。今回は、衣類の収納場所に困ったときにトランクルームを利用するメリットについて紹介します。

衣類をトランクルームに保管しても大丈夫?

衣類の保管場所としてトランクルームを検討していても、保管状態がわからないという理由で判断に迷ってしまう人は多いかもしれません。せっかく収納できる場所が確保できても、大切な衣類が虫食いやカビ、ダニといった被害にあってしまっては大きな損害です。トランクルームといっても、実はいろいろなタイプがあります。タイプに合わせて保管するものを選ぶことで、上手なトランクルームの使い方ができるでしょう。

トランクルームは、屋外型と屋内型に大きく分けることができます。屋外型の場合は、一般家庭でいえば外置きの物置のようなイメージです。ですから、車のタイヤやアウトドア用品のような屋外に置いても支障がない物の保管に適しています。屋外型のトランクルームは、構造上の問題から雨やホコリが入り込んでしまうケースも少なくはありません。屋外型のトランクルームに衣類や布団などを保管した場合はカビが発生することも多く、実際にトラブルにつながることもあります。

一方、屋内型のトランクルームは空調完備されているケースが多いのが特徴です。換気扇が設置されているだけでも空気が循環するため、湿気を防ぎやすくなり、カビやダニ、虫食いなどの心配を減らせます。屋内型のトランクルームは外から雨などが侵入することも考えにくく、衣類の保管に適しています。ただし、屋内型であっても中には空調が整っていないトランクルームもあるので、利用する際は必ず事前に確認をしましょう。また、空調完備になっていても、天井まで個室の仕切りがあると密封されてしまうため、空気が循環しないこともあるので注意が必要です。

トランクルームに衣類を保管するとき何着くらい収納できるの?

トランクルームに衣類を保管する際、空調の他に把握しておきたいのが保管できる量です。トランクルームを何畳分借りるかで保管できる量は変わります。例えば、0.5畳であれば約250着分の衣類が保管できます。1畳の場合は約500着、2畳なら約1000着、3畳の場合は約1500着が目安の枚数です。トランクルームを借りる前に、まず収納したい衣類の枚数を確認しておきましょう。

保管する場合は、やや量を抑え気味にするのがコツです。いくら空調完備のトランクルームでも、目安の枚数分できっちり衣類を入れてしまうと、空気がうまく循環しません。そうなると、カビが発生しやすい環境を作ることになります。トランクルームに収納するときには、目安枚数の8割程度に抑えておくようにしましょう。また、市販の衣装ケースなどを利用すると型崩れを防いできれいに収納することができます。衣類に合った適切なケースを選ぶことがポイントです。

生地を傷ませない衣類の保管方法


空調完備のトランクルームであっても、保管前にはシミや虫食いを予防するためのお手入れも忘れてはいけません。衣類は収納する前にクリーニングや洗濯で汚れを落としておくことは必須です。汚れが付着したままだとカビが発生しやすくなるうえに、ウールやシルクなど素材によっては虫食いの原因になります。見た目にはきれいに見えても汗を吸っていることも多いものです。汚れや汗を放置したままだとシミの原因にもなりやすいので、必ず清潔な状態にしておきましょう。

また、除湿剤や防虫剤を適切に使うことも衣類を傷ませないためのポイントです。除湿剤にはA型シリカゲル、B型シリカゲル、塩化カルシウムの3種類があります。それぞれの特徴を知り、適切に使い分けをすると衣類を上手に保管できます。衣装ケースを使ってトランクルームに衣類を保管する場合に向いているのはA型シリカゲルです。A型シリカゲルは、湿度が低く密閉された場所で効果を発揮しやすいという特徴があります。B型シリカゲルは湿度が高いときに高い除湿力を発揮しますが、湿度が低いと保湿するのが特徴です。塩化カルシウムは湿気を吸収した後液体になって溜まる特徴を持っているため、トランクルームでは使わないほうがいいでしょう。

防虫剤について注意しておきたいのは匂いです。匂いが強いタイプのものは、保管状態によっては他の利用者に迷惑をかけることもあります。無臭タイプのものを選ぶなど、できるだけ微香性のものを使うようにしましょう。衣類はシワにならないようきれいにたたみ、平らな状態を保てるように重ねて、薄紙などを適切に挟むと色移りなどを抑えることもできます。

衣類の収納に困ったらトランクルームがおすすめ!

衣類の収納場所に困ったときには、トランクルームに保管するのも一つの方法です。屋外型のトランクルームは雨やホコリが入ってしまう場合もありますが、屋内型は雨などが侵入することも少ないうえに空調完備のところが多く、衣類の保管に向いています。トランクルームは0.5畳あたり約250着が収納の目安です。衣類はクリーニングや洗濯をして清潔にし、衣装ケースなどに入れてトランクルームに保管しましょう。

収納にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA