グッドトランクニュース
2019/05/07
トランクルーム活用例
引っ越し
引っ越しトラブル
引っ越し荷物
豆知識

引っ越し当日に荷物が入らない!予防法と対処法を紹介


「引っ越し当日に荷物が入らないといわれたらどうしよう」と引っ越し前から不安になっている人はいませんか?確かに、荷物の量や大きさによっては、引っ越し当日に室内に入らなかった分の荷物の搬入を断られるというケースもあります。
そこで、今回は当日荷物が入らないといわれないための予防法と荷物が入らなかった場合の対処法を紹介しますので、引っ越しの準備の参考にしてみてください。

引っ越し当日に荷物が入らないトラブルは多い


全体的に引っ越し当日に荷物が入らないといったトラブルは多いようです。例えば、引っ越し業者が下見をしても階段や廊下、間口など隅々まで採寸することはできないため、当日搬入しようとして初めて気づくケースが見受けられます。また、大型の家具や家電は横に倒したり斜めにしたりすることで通路を通れる場合が多いですが、実際はぶっつけ本番のような面も多々あるため、荷物が通路や間口を通れると断言できない場合は搬入が困難なことも起こり得るのです。

さらに、人力やトラックによるつり下ろしやつり上げなど特別な方法で搬入しなければならない場合は、費用が数万円も加算される場合があるので、業者に追加費用を負担してもらえるのかどうかの交渉が必要になることも。業者によっては事前に搬入機材の予約をする必要があるため、引越し日に搬入の困難さに気づいてもすぐに方法を用意することができず、当日の搬入を諦めなければならないということもありえます。

荷物が入らなければ業者の荷物一時預かりサービスを利用する

もし当日搬入トラブルが起きてしまったら、業者の荷物一時預かりサービスを利用するという方法があります。一般的に引っ越し業者は一時預かりサービスを行っているところが多いですが、事前に預かりサービスの有無を確認しておくと当日トラブルが起きても安心です。一時預かりサービスは、手続きに手間がかからないことがうれしいポイントで、量や預かり日数によっては引っ越し料金に含まれていることもあります。

また、業者が搬入や搬出をしてくれるので、自分で荷物を持ち運ぶ必要がありません。しかし、この預かりサービスは、自由に出し入れをすることができず、空調などもきっちり管理されているとは限らないため、長期間保管しておくことに適していません。また、保管スケジュールがわからない状態では、業者から断られることもあるので、必ずしも利用できるとは限らないのです。もし、業者の預かりサービスを使えないならば、トランクルームを使うことで解決することもできます。確かに費用はかかってしまいますが、専門のスタッフが荷物を出し入れしてくれますし、温度と湿度の管理が徹底されているので、長期間の保管に適しているといえるでしょう。ただし、空調環境が自分の荷物の保管条件に必ずしも適していない可能性があるので、預ける際にトランクルーム内の環境を確認しておく必要があります。

荷物が入らないトラブルを避ける方法

当日搬入トラブルを避けるためには、まずしっかり対策をしておく必要があります。引っ越し日を迎える前に、処分できるものはなるべく片付けておきましょう。いつか使うかもと取っておくのではなく、ほとんど使わなかったものは不用品と判断して処分することがポイントです。つぎに、搬入する前に業者にしっかり採寸してもらい、荷物が入らないという状態にならないかどうか確認しておきましょう。もし、業者から確実に入るという保証を受けられず不安に思うのであれば、トランクルームの利用も考えてみてはいかがでしょうか。そして、搬入先に入らなかった場合どんな出費が発生することになるのか、見積もりのときに特別搬入費用の負担について決めておくことも重要です。

万が一に備えてトランクルームを契約しておくのもおすすめ


見積もりのときに、引っ越し当日に荷物が入らない可能性があると判断したら、事前にトランクルームを契約しておくことが有効です。業者の荷物一時預かりサービスも魅力的なのですが、引っ越し直後の身からすると、自由に荷物を出し入れすることができないというデメリットが大きいです。トランクルームであれば、好きなときに荷物を出し入れすることができ、契約期間も自由に決めることができるので、業者の預かりサービスより使いやすいでしょう。
引っ越し当日に万が一のことが起きても慌てないで済むようにトランクルームを契約しておくことをおすすめします。

収納にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA