グッドトランクニュース
2019/04/12
押入れ・クローゼット収納
洋服収納
豆知識

一人暮らしのスペース活用方法!洋服収納のコツを紹介

一人暮らしをしていて洋服収納に悩んだことはありませんか。
一人暮らしの部屋は、収納スペースが狭い場合が多く、上手に洋服収納をするためには工夫が必要となります。

また、中には収納スペース自体がない物件もあるでしょう。
そのような場合でも、あまっているスペースを活用してすっきりと洋服収納をする方法を紹介していきます。

クローゼットのスペースには洋服を吊るして収納

クローゼットのスペースを有効活用できていますか。
せっかくクローゼットがあっても、スペースを有効活用できていなければ意味がありません。
そこで、クローゼットのスペースには洋服を吊るして収納することをおすすめします。
普段よく着る洋服、コート、ワンピースなどを吊り下げ収納にすると便利です。
適当に吊るすと洋服がごちゃごちゃになってしまうため、長さ別に分けることをおすすめします。
クローゼットには、1段しかハンガーラックが設置されていないケースもあります。
そのような場合は、突っ張り棒を設置して2段目のハンガーラックを設置しましょう。
こうすることで洋服を吊るすスペースが2倍になります。

クローゼットの下側には衣装ケースを設置します。
衣装ケースを何段か重ねて設置する場合、上段は取っ手つきケースにすると取り出しやすいです。
衣装ケース購入の際に意識してみてください。
衣装ケースにはTシャツや下着などを収納していきますが、このときにも1つポイントがあります。
それが「立てる収納」です。
洋服を重ねる収納だと、上のほうの洋服ばかり着てしまい、洋服がうまくローテーションしていきません。
そこで、洋服が自立するようにたたみ、重ねるのではなく並べるように収納していきます。
これで持っている洋服が一目瞭然です。

押入れにはボックスで洋服収納

部屋が和室の場合は、押入れがついているケースが多いでしょう。
押入れは、洋服収納に活用することができます。
特に、下段は取り出しやすいため洋服収納にぴったりです。
具体的には、下段のスペースにボックスをおいて洋服や下着などを収納していきます。
一言にボックスといってもさまざまな種類があります。
必ずボックスのサイズを確認し、押入れの大きさや用途別にボックスを購入してください。
側面の隙間にも小さなボックスを置き、収納スペースにすることが可能です。
小さなボックスには下着やハンカチなどの小物類を収納すると良いでしょう。
さまざまなサイズのボックスを組み合わせて設置することで、押入れのスペースを無駄なく活用することができます。

一人暮らしで収納が少ない場合の対処法

一人暮らしで洋服収納が少ない場合も、わざわざタンスを購入する必要はありません。
なぜなら、購入費用がかかるだけでなく、ますます部屋が狭くなってしまうからです。
なるべくお金を掛けずに、手持ちの洋服をきれいに収納するアイデアを紹介していきます。
部屋にクローゼットがある場合、上の部分に突っ張り棒を設置してハンガーラックを自作しましょう。
このスペースに洋服を吊るして収納していきます。
衣装ケースは、クローゼットや押入れに設置するのがベストですが、最適な場所がない場合は部屋の隅に置くのも方法の一つです。

ただし、部屋の隅に衣装ケースを置いてしまうと邪魔になってしまうことがあります。
そのような場合は、ベッドを活用すると良いでしょう。
おすすめは、収納つきベッドとロフトベッドです。
収納つきベッドは、ベッドの下側が簡易的なタンスとなっており、洋服や下着などを収納することができます。
ロフトベットは、下側に大きなスペースがあり、ここに机や衣装ケースを設置できて非常に便利です。

一人暮らしの洋服収納を成功させるコツ

一人暮らしの洋服収納を成功させるためには、いくつかのポイントがあります。
まず、家具を購入する際は収納つきのものを選んでおくと良いでしょう。
部屋が狭ければ狭いほど収納つきの家具が重宝します。
収納の際は、なるべくデッドスペースをなくし、洋服のサイズをそろえて収納するときれいです。
よく使う洋服は、すぐに取りさせる場所に収納したり、吊り下げ収納にしたりすることをおすすめします。
最後に、トイレットペーパーや洗剤などの消耗品を買いすぎないことも重要なポイントです。
消耗品の数が多いとそちらにスペースを取られてしまい、洋服収納のスペースが足りなくなってしまいます。
消耗品は予備の数を決めておくと良いでしょう。

一人暮らしの洋服収納はスペースの活用が鍵

一人暮らしの洋服収納のポイントは、限られたスペースをいかに活用するかが大切です。
特に収納スペースがない部屋の場合は、居住空間を狭くしないように工夫することが必要となってきます。
どうしても洋服を収納できない場合にはトランクルームを借りる方法もあります。
収納スペースがない、もしくは手持ちの洋服が多い人は検討してみてはいかがでしょうか。
大きさやタイプにもよりますが、リーズナブルな価格で収納スペースを確保できるのでおすすめです。

収納にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA