グッドトランクニュース
2019/05/08
トランクルーム活用例
押入れ・クローゼット収納
洋服収納
豆知識

キャスター付き収納ケースは便利?洋服収納をするときのポイント

洋服を収納するためのグッズや効果的に収納できるノウハウはたくさんあります。
キャスター付きの収納ケースを使って収納する方法も選択肢の1つです。
洋服の収納をするときにキャスター付き収納ケースを使うと、どんなメリットがあるのでしょうか。
この記事では、キャスター付き収納ケースに洋服を収納するポイントについて紹介します。

キャスター付き収納ケースは洋服収納に向いている?

洋服をしまえる収納ケースは、引き出しタイプの衣装ケースやチェスト、ファスナーで開け閉めする布製のタイプなど、種類もさまざまです。
キャスター付き収納ケースは引き出しが複数ついていることから、これらの衣装ケースなどと同様に衣類をたくさん収納することができます。
また、キャスター付きの収納ケースは、簡単に移動できる点がポイントです。

収納ケースとキャスターの隙間は意外とほこりがたまりやすい場所であるため、楽に移動できて掃除がしやすい点がメリットといえます。
衣替えで収納ケースの中身の入れ替えをする際にも、キャスターで移動できて便利です。
キャスター付き収納ケースは、クローゼットや押し入れなどにそのまま収納する場合も少なくありません。
そのため、購入する際には、収納ケース本体の大きさだけでなく、キャスターの大きさも含めて採寸しておくことが必要です。

キャスター付き収納ケースを使った収納方法

キャスター付き収納ケースを押し入れに入れる場合は、下段に収めるようにしましょう。
キャスター付き収納ケースの中には、セーターやジーンズなど、着る機会が多くたたんでしまっておける洋服を入れるとよいです。
キャスター付き収納ケースは簡単に外に出せるため、奥にはシーズンオフのものや滅多に使わないものをしまうと、スペースを有効活用できます。
収納ケースの上にスペースがあるようなら、空き箱を置いて、アイロンをかける前のハンカチなどを置いておく場所にするのも1つの方法です。
箱がいっぱいになったらアイロンをかけるようにすれば、部屋が散らかるのを防ぐことができます。
高い位置に収納する場合は、キャスター付き収納ケースではなく、重量の軽い布製の衣装ケースを使うほうが出し入れも楽で、万が一滑り落ちてきたときにも危なくありません。

トランクルームでの洋服収納にも役立つ

キャスター付き収納ケースなら、洋服を収納してトランクルームに預ける際にも、出し入れや移動が簡単にできて便利です。
キャスターで移動できるため、通路のスペースの確保について考える必要がなく、トランクルームのスペースを有効活用できます。
トランクルームのタイプは、屋内コンテナボックスタイプとルームタイプの2種類です。
ルームタイプの場合なら問題ありませんが、屋内コンテナボックスの場合は、コンテナボックス自体が移動するのに伴って振動で荷崩れを起こす可能性があるため、収納の仕方に注意しましょう。

また、収納ケースの中に防虫剤や防湿剤などを入れておけば、大切な衣類が傷むのを防ぐことができます。
トランクルームに預けているうちに場所を移動して他の家具や家電などの荷物を傷つけないようにするために、キャスターにストッパーがついている場合は、必ずロックをかけておきましょう。

キャスター付き収納ケースで便利に収納を!

キャスター付き収納ケースは、洋服をたくさんしまうことができるため、押し入れの下段に洋服をしまいたいときに適しています。
洋服をたくさん持っていて、自宅の収納スペースだけでは収納しきれないときは、トランクルームを利用するのも1つの方法です。
トランクルームなら、季節外れで着ない洋服も預けておくことができるため、すっきりと暮らすことができます。
キャスター付き収納ケースなら移動も簡単にできるため、トランクルームで使う収納グッズとしても便利です。
キャスター付き収納ケースに洋服を収納して、トランクルームに預けることを検討してみてはいかがでしょうか。

収納にお困りの方

トランクルームを始めませんか?

詳しくはこちら

グッドトランク

Copyright 2018 GOOD TRUNK NEWS MEDIA